明日ちゃんのセーラー服7話感想:蛇森さん攻略回、拙いながらも弾き語りする蛇森さん

2022年冬アニメ



明日ちゃんのセーラー服第7話「聴かせてください」感想


前回の感想記事

明日ちゃんのセーラー服6話感想:レズは釣りが大好き
明日ちゃんのセーラー服第6話「明日、お休みじゃないですか」感想前回の感想記事第6話感想気づかい上手の明日ちゃん。はい優勝!はいはい優勝!!今週も明日ちゃん優勝だよ!...

第7話感想

今回も10点満点をつけたいエピソードだったね。

この内容を30分のアニメでやっちゃうんだから下手な音楽もののアニメはもう戦えませんよ。

また一つ上のレベルのステージに上っていっちゃったよ、ただでさえ他の数多の作品とはレベルが違いすぎるのにさらにひとつレベルアップするなんて。

とともにいつもの明日ちゃんのまっすぐな人たらしにも感服してるよ。

ってことで今回はクラスメイトの蛇森さん攻略回。

彼女はロックに興味があって音楽雑誌を表紙買いしてヘッドホンで好きな音楽を聴いていてついつい父親のギターを寮に持ち込んでるんだけどそちらは一度も弾いたことはなく、それでも現状に満足していたが明日ちゃんからギターを聴かせてとめちゃくちゃ興味津々にウルウルした瞳でお願いされたことで無理とは言えずにそんな現状が変わっていく…っちゅうストーリー。

明日ちゃんや戸鹿野さん、その他クラスメイトの面々が部活で少しずつ上達しポジションをゲットするようになったりと小さいことながらも結果を出すようになってきているのを見て蛇森さんも自分も頑張らないとと思いギターの練習に苦戦しつつも励んでいきいざ披露するときを迎えたんだけど、巧みな木崎さんのピアノを聴いてしまい一度は諦めようとしたが改めて明日ちゃんからあなたのギターを聴かせてくださいとお願いされて自信なさげに拙いながらも一曲弾き語り感心されるってなわりと王道の流れなんだけどいやこれ本当に女子中学生の青春ものとして劇場で二本立ての一本めみたいな感じでやってもいいような内容だろこれ。

自分だけが全く知らないところで相手を高めているってのもいいし、突然に木崎さんのうまい演奏を聴いてしまったもんだからクソっと悔しむばかりに唇噛みしめて自信を無くして諦めようとしてしまう蛇森さんってのもいいし、それでもあなたのギターが聴きたいと丁寧語で改まってお願いする明日ちゃんもいいしなにこれ全てがよいじゃない。

たしかに木崎さんもピアノは最初から上手かったわけではなくて幼稚園〜小学校の時から毎日レッスンを欠かせなかったっちゅう背景はあるだろう。

それでも上達するには長い道のりであるし、自分もその長い道のりを歩いていかなければいけないとそこまで考えてしまったうえでの付け焼き刃程度の自分のギターは聴くに値しないのでは?と考えてしまう蛇森さんと、上手い下手は関係ないと実際直接的に言ってはないんだけど「聴かせてください」の一言にそのようなニュアンスを込めて正面突破してくる明日ちゃんっちゅう描写が実に見事なんだよな。

だから弾き語りのとき自信喪失しちゃって、弾き終えたあとにヘタクソだから失望されてしまったのではないかと明日ちゃんの反応をチラッチラッと見ちゃう蛇森さんが本当に放っておけないんだわさ。

まあ明日ちゃんの性格的にヘタクソな演奏でもヘタクソとは言わずに「(自分ができないことをできるあなたは)すごい!」って褒めるのはいままでのエピソードを視聴してきた私たち視聴者なら分かりきったことなんだけど当人はそんなこと分からんからね。

明日ちゃんも先日の休みの時に釣りをした時でも見たことがない木崎さんの一面を意図せずに見てしまいいろいろ複雑な感情が降って湧いたんだろうな、聴かせてくださいとかしこまってまでお願いしたのは誰も知らない蛇森さんの一面を自分だけが知りたいっちゅうちょっとした対抗心もあるのではなかろうか。

とにかく必見だな今回のエピソードは特に。

次回の感想記事

明日ちゃんのセーラー服8話感想:明日ちゃんはじめての勝負事に挑む(まされる)、結果は・・・
明日ちゃんのセーラー服第8話「次は勝ちたい」感想前回の感想記事第8話感想谷川さんに水上さんって名前の子がいたもんだから20年くらい前高崎線で走っていた新特急の名前を思い出した。この学...

コメント

タイトルとURLをコピーしました