BLUE REFLECTION RAY/澪第9話感想:情報量が多い回

2021年春アニメ



BLUE REFLECTION RAY/澪第9話「彼女の言ったこと」感想


前回の感想

BLUE REFLECTION RAY/澪第8話感想:思いを抜き取られると自分でなくなってしまう未熟さ
BLUE REFLECTION RAY/澪第8話「パニック」感想前回の感想第8話感想今回は陽桜莉の目の前に行方不明になったのち、仁菜や詩の側についている姉の美弦が現れ一人の少女の思いを抜き取...

第9話感想

今回は入院してるカナと面会した瑠夏や陽桜莉、都が部屋でメッセージの返信がなく、今頃どこにいるのか心配しているころ、敵陣の薔薇園に単身で乗り込んでいった百と平原美弦が対峙し、百がいろいろ言葉にできない違和感、思い出せない記憶についての答えを美弦から聞き、その言葉に驚愕をするエピソード。

リフレクターとは何なのか?美弦は世界を動かす原動力である人の思いが結晶化されたフラグメントに触れ、その力を扱える人間、美弦はユズとライムなる人間に選ばれリフレクターになり、世界を原種から守っているという。

苦しみ迷い傷つきもがく思いを捨てたいあまたの子たちから思いを捨てること、美弦はそのために仁菜や詩と活動をしていた。

百はそんな彼女を抱き寄せた、すると共鳴がなされバディとして戦っていた以前の記憶が次々と呼び出されていく。

そのなかで、自分たちは一度原種と戦って死に、その後何者かが原種を倒したのか生まれ変わった世界では原種が出現せずに理が変わっていることや、その原種との戦いと死が訪れたのが今から3日後であることが明かされた。

すると美弦のバディである山田仁菜が二人の目の前に現れた、美弦の目の前で百と仁菜が1VS1の戦いへと突入しじわじわ仁菜は百を追い詰めていくも、何かを思い出した百はずっと単身で戦う仁菜にバディとはなんなのかを語り、腹部への強烈なパンチを一発食らわせKOに持ち込んでいった。

百は美弦に「なぜ陽桜莉を置いていったのか」問いただしていったが、美弦は「行って」と一言だけ言って去ろうとする、その後姿をただ見るしかなかった百であったが、美弦は「まもなく準備が整う、今度こそ間違いはしない、次の3日後私たちがしてきたことの意味を知る」とつぶやき去っていった。

教会のスタンドグラスにたくさんの花が飾られ準備が整ったという詩と紫乃は最後にとびっきりの花がほしいと渇望していたのであった。

ユズとライムって誰ー?と調べた結果、原作のゲームに登場するキャラであったことが判明、実は当作品の登場人物は全員アニオリなので、これで美弦と原作キャラに接点があったことになる。

コモンもやはり原作ででてくる用語で、心の中の世界らしい。

今回の美弦の発言から推測するに、どうやら彼女は一度?あるいは複数回?世界のループを繰り返しているようで、リゼロのスバルの死に戻りとは違うんでしょうが、前の周回において百とバディを組みラスボスっぽい存在である原種との戦いを繰り広げるなかで自分の選択が根本的に間違っていたことに気づいてしまった彼女は戦いをやめて死を選びリセットし、この世界ではユズとライムに認められてリフレクターになり現在に至る…

なんで前周での戦いを放棄してリセットしようとしたかも彼女から語られていて、それは数々の子たちの思いを守ってくるなかで、苦しさや恨みつらみ妬み嫉み…要はネガティブな感情ってことなんだけれども、人間誰しもが持つそんな感情を守るってことは数日〜何年、何十年もの間その人がネガティブな感情を保持し続けることによる苦しみにさいなまれることになるのでそんなネガティブな感情を胸に抱え続けるのであればいっそのこときれいさっぱり捨てた方が良くね?と思うようになったらしい。

そしてリセットし、陽桜莉が寮生活を送るようになってから敵の側につき壮絶な幼少期を過ごしていた仁菜や詩、紫乃とチームを結成、思いを抜いて回るようになった…そういう感じだろうか。

前の周でも同じように両親が電球を買いに行ってそのまま失踪したんだろう、最初は陽桜莉を守るために戦っていたが、次第に考え方が変わっていったみたいね。

ループしたときに百とバディだったことはなかったことにした、だから共鳴の効果を逆に使い百の記憶からも消した、が全ての記憶が消されたわけではなく、感覚だけは残されたと考えた方が自然なのかも。

あの教会のお花ちゃんはあまたの女の子たちから抜いたネガティブな感情を含めた思いの総合体なんだけど、これを見ると美弦はその総合体から創り出された原種と戦ってハッピー!から一転して、どうも原種を創り出す立場になったみたいね。

さてもうひとつ重要なのは仁菜だよ、やたらいきってたわりに百を相手に全く歯が立たない、それどころか百からのつよつよ腹パン1発で動けなくなっていたからな。

多分彼女は陽桜莉に嫉妬して詩を捨てて美弦のバディになることを選んだけれど、彼女との実力差に相当悩み、見捨てた詩からも挑発されるくらいにはあせりを感じているのではないだろうか。

だから自分こそ美弦のバディにふさわしいのよ!ってところを見せつけようとしたけれど、そもそも油断して百に目撃され、自陣に乗り込ませる失態を犯している時点で実力差は一目瞭然だった。

やっぱり美弦のバディでいられるのは今も昔も百しかいなさそうだね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました