チェンソーマン3話感想:デンジがチェンソーの悪魔に!!

2022年秋アニメ



チェンソーマン第3話「ニャーコの行方」感想


前回の感想記事

チェンソーマン2話感想:マキマは男を手玉に取るのがうまい
チェンソーマン第2話「東京到着」感想前回の感想記事第2話感想自分をデビルハンターとして雇っていたヤクザに裏切られ大量のゾンビに殺害された際におとものチェンソーの悪魔、ポチタと契約し変身する能...

第3話感想

パワーが民間が対処するナマコ型の悪魔を対処したことでバディのデンジともどもマキマから大目玉を食らってしまった、その際にパワーはデンジが殺せとウソをついたために取っ組み合いのケンカになってしまう。

二人の活躍が見たいんだとマキマから言われたふたりはその夜、パワーからペットのニャーコを悪魔から救ってくれたら胸を揉ませる約束をかわすとデンジは俄然やる気を出しさっそく翌日その悪魔の居場所へと向かっていく。

悪魔の居場所は郊外の山中にある屋敷、だが屋敷を前にしてデンジはパワーにより倒され屋敷へと引きずられて行ってしまった。

そう、パワーはニャーコをこの悪魔に奪われたときに人間を連れてきたらニャーコを助けてやると約束をしていたのだ。

屋敷にいたのはコウモリ型の悪魔でデンジは食餌として食われそうになるも血の味がまずかったためにニャーコも食い、さらにお口直しに街の人を襲い始めたためデンジはチェンソーの悪魔の姿になって戦いへと突入していった。

ああ、パワーの胸、小さくもなく大きすぎることもなく程よい大きさで揉みがいあるもんな、あの大きさこそ男の理想だ、Dカップくらいはありそうだもんな。

まだデンジの胸揉みたいって願望は消えてなかったんだ、このまま誰からも胸揉ませてくれずに進みそう。

だがそう簡単に胸なんて揉めるわけがないじゃない、胸を揉むための交換条件は悪魔退治っちゅう大任務だった。

パワーお前どっちがウソついてるんだよ、明らかに血の匂いじゃあって飛びついていったのはお前だろう。

人間はウソつきじゃなんて言ってるがウソついてるのはあなただ、とはいえウソを取り繕うために相手がウソをついていると言い張って黒を白にすることなんて個人だけでなく国単位でもやるからな…日本の隣国あそことかあそことかあそことか。

世の中こんなものよ、黒を白に変えられて人生を棒に振らされて苦しめられてる人間は大勢いるけれども。

さて、ついにデンジはチェンソーの悪魔の姿になりパワーの飼ってた?ニャンコを食ったネズミ型の悪魔と戦う展開へ。

パワーが拾ったニャンコがぷくぷく太った姿でなく、やせ細った見てくれなのがほんとに野生的だったわ。

個人的にはペットを一度も飼ったことないし将来的にも飼う気はまったくないからペットを飼う人間の気持ちはさっぱりわからないがやはりペット=新しい家族ってんで誰かに奪われたり殺されたりしたときの恨みは相当に大きいことだけはわかる。

あの悪魔大それもせずに約束なんてなかったかのようにパワーから奪ったニャンコを食いよったうえうまい血を欲してそこらの純粋無垢な人間まで食おうとしてるからな、もうニャンコ助けるどころの話じゃなかったわ。

これが冒頭でマキマさんが見たいと言っていたふたりの子犬ちゃんのはじめての活躍って話になっていくだろうか。

ついにデンジがチェンソーの悪魔に変身したよ?公安に所属してバディが割り当てられた後にチェンソー姿をお披露目するってふうな展開だからとくに違和感というか疑問点はないけれど、頭と腕がチェンソー姿の人間はなかなかにシュールだな。

デビルハンターに民間と公安があるのはなんでやと思っていたが、これ、おそらく民間では処理しきれない悪魔を公安が処理してるって感じになってくるのかな。

すでにビル数棟と車を何台か壊し電線も引きちぎって付近を停電させる大事になってるけどな!

次回の感想記事

チェンソーマン4話感想:こんなときに胸を揉めと言われてもどうしたらいいかわからないよな
チェンソーマン第4話「救出」感想前回の感想記事第4話感想デンジはパワーの胸を揉むことを交換条件に彼女が可愛がっていた猫のニャーコを救うためにデンジは激闘の末ようやくコウモリの悪魔を倒すことが...

コメント

タイトルとURLをコピーしました