名探偵コナンゼロの日常1話感想:15分とことん安室透の日常

2022年春アニメ



名探偵コナンゼロの日常第1話「TIME.1」感想


アニメ公式サイト

https://zerotea-file.com/

第1話感想

30分作品だと思っていたら15分作品だった。

えーっとコナン本編ってどこまで進んでいたっけ、実は降谷零(安室透)って誰だっけ?ってなっているくらいには見てない。

あれどこのエピソードから見ていないんだろう、もう覚えてないよ。

だから終盤で安室透がはめた指輪もどこのエピソードで出てきたものなのかを存じ上げてないし赤井秀一との関係も把握できてない。

(指輪は原作第78巻収録、ベルツリー急行を用いたミステリートレインのパスリングだ)

そんな安室透の住まいのアパートが「MAISON MOKUBA」っちゅう明らかに元ネタ作品から連想される名前なのは笑ってしまったけどな。

さて本編は本当にあるときは喫茶ポアロの店員、あるときは私立探偵、あるときは公安警察と三足のわらじを履いている安室透の日常が描かれていたわけだけど・・・ポアロの上の階で探偵事務所を営んでいるあの一家がシルエットでの出演だったのを見るに一家が出てくることはなさそう。

とはいえ安室透はポアロではたてつけの悪いイスを直したり蛍光灯を交換したり最高気温から今日はアイスコーヒーが売れるだろうと水出しコーヒーの仕込みを増やしたり加湿器を起動させたり、ばあちゃんが普段の注文と違う注文をしたから病院帰りだろうと白湯を用意したり、あるいは警察では部下を教育したりとよく気配りができる男だよな。

たぶんこのへんは少しの異変でも敏感に感じ取り事前に犯罪の芽を摘んでいく警察官としてのスキルをポアロでも応用していると思うんだ。

作風から主に安室透が好きな女性向けの作品になるんだろうか、本来は女性とは限らないんだろうけれども。

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました