デート・ア・ライブⅣ10話感想:狂三、士道、精霊たちそれぞれのバレンタインの準備

2022年春アニメ



デート・ア・ライブⅣ第10話「乙女の時間」感想


前回の感想記事

デート・ア・ライブⅣ9話感想:士道と狂三のデレさせ対決!
デート・ア・ライブⅣ第9話「夢魔の誘惑」感想前回の感想記事第9話感想もう何度目の登場だ狂三。状況的にこのエピソードで描かれた狂三の2月9日は初めてではないな?何回かもう時間遡行をして...

第10話感想

今回はほとんどバレンタインを目の前に士道や精霊たちの日常が描かれた話。

今後起きるであろう嵐の前の静けさだろうか。

ぶっちゃけた話男にとって、下着姿の女の子が10人くらいいて他の男には全く目もくれず自分にだけ愛嬌を振り撒いてくれるシチュは夢のような光景だよね。

自分はそんなことない?

バカを言いなさい、視聴したときあなた絶対に部屋着がテントを張って歩くときも前かがみになっていたでしょう?

でも狂三の大人びた色気の前にはどんな精霊も絶対太刀打ちできないと思うんだよね、一番最年長っぽい二亜ももうちょい大人の色っぽさがあればなあ〜どうだろう。

六喰のおいらん姿もやはり幼い見た目のせいかさすがにゾンビランドサガのゆうぎり姐さんみたいな雰囲気にはなれずおいらんごっこ止まりになってしまった。

そして、女の子にとってバレンタインの楽しみは当日よりも前の休みの日に本命の相手を想い作る手作りチョコだと思うんだよね。

琴里はチョコを手作りしたことがないのか、テンパリングとは50度くらいの湯を張った一回り大きいボウルにチョコを入れた小さいボウルを入れて湯煎してその熱でチョコを溶かすことなんだけどな。

そのままコンロにかけたらそりゃ煙出て焦げるわ…まじ引くわ〜

テンパリングにテンパるってどんなダジャレよ、狂三を前にして強がってないでちゃんと教えてもらいなさいよ!

テンパリングは天パでもないよ、そこで七罪を連想するのはクスッときたけどね。

次回の感想記事

デート・ア・ライブⅣ11話感想:狂三が精霊を×すと決意した理由が明らかに!
デート・ア・ライブⅣ第11話「ホワイトデーに期待していた会社の同期…」感想前回の感想記事第11話感想2020年に映像公開されたスピンオフ作品、デートアバレットの後編にも出てきた狂三の中学時代...

コメント

タイトルとURLをコピーしました