出会って5秒でバトル第7話感想:ついに赤チームと緑チームが直接対決

2021年夏アニメ



出会って5秒でバトル第7話「暴君」感想


前回の感想記事

出会って5秒でバトル第6話感想:調停人に高利貸し、でも戦う相手はグール
出会って5秒でバトル第6話「調停人」感想前回の感想記事第6話感想優利にはさささっと本当の能力を明かしていくスタイルなのか、互いに好意を持っているフシがあるし、ペアで行動して同じチームにいるこ...

第7話感想

グールの大ボスを赤チームのリーダーから見えない視覚に誘き寄せたとき、テレポーテーションが使えるようになったのはあそこだけ「相手」をスイッチさせて優利を相手と認識してるからって原理でわかるが、大砲が再び使えるのはどういうことだ、あのとき誰を「相手」として認識したんだ、他の人からは見えてないわけだから、やっぱりグールのボスに再スイッチしたかな。

グール討伐クエストはチーム戦でやりあうことになる赤チームの上層部のお披露目も兼ねてのもの、でもこれだけじゃストーリーの展開的にクソつまらないから、それなら直接赤チームと緑チームが戦ってもらって、負けたチームは全員死亡っちゅうペナルティーをつけたら全力で戦ってくれるだろうっていう新しいクエストを再設定した感じ。

だから今回は来たる負けると死と隣り合わせのクエストへの溜め回といったところかな。

赤チームのリーダーの能力と優利の能力、完全にかぶってるんだよゴルァ!

ってことで赤チームにも緑チームにも「身体能力が5倍になる能力」持ちの人物がいて、さらに敵チームの側には剣使いの男が配置された。

そして赤チームには自分への貸しを取り立てられる男もいる。

一方緑チームには啓、りんご、優利、2秒間無敵になる熊切やダメージを受け流せるリーダーの白鷺、弓矢を放てる斉藤ってのが配置。

なんかチート能力の主人公のところに半チート能力の女がヒロイン面して合流してきてたんだが。

啓もりんごも相手がいて成立する能力持ち、で、りんごは相手の能力をコピーするときにどんな能力をもってるのかを知れる副産物持ち。

ってことは、緑チームはりんごにより赤チームのメンバーの能力をカンニングすることが可能ってことだ。

これもこれでりんごがハニートラップ的存在で赤チームの奴隷という体で捕まっていたスパイだったって設定だったら面白そうなんだけどな、だから赤チームには緑チームの能力も筒抜けっていうね、当然啓の本当の能力も流出されている。

だからあの天然っぷりも演技、私の能力を明かしたからあなたの能力も明かしなさい(むろん明かした瞬間赤チームに情報が共有される)って展開なら見続ける。

純粋なハーレムだったらやだ。

赤いリンゴと青い(緑)リンゴ、両方果物として存在するだけに彼女の立ち位置にも注目しておこうか。

しかしこういう戦いってさ、負けると死亡ってペナルティってのもあって、絶対主人公サイドが勝つようにできているからいまいち乗り切れないって部分もあったりなかったりする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました