Do It Yourself!!-どぅー・いっと・ゆあせるふ-7話感想:部員それぞれのものづくりの向き合い方が出てた

2022年秋アニメ



Do It Yourself!!-どぅー・いっと・ゆあせるふ-第7話「【すてっぷ⑦】DIYって、ぢめぢめしてたら・いえで・やればいいね」感想


前回の感想記事

Do It Yourself!!-どぅー・いっと・ゆあせるふ-6話感想:ぷりんがせるふに歩み寄ってきた?
Do It Yourself!!-どぅー・いっと・ゆあせるふ-第6話「すてっぷ⑥DIYって、どうでも・いいもの・やくにたつ!」感想前回の感想記事第6話感想DIY部では休日に海に落ちている材料...

第7話感想

梅雨に入りジメジメするようになりクーラーがないDIY部の部室も蒸し暑くなってきたのでジョブ子が不機嫌になってしまい、それならと実家がホームセンター「WAKUWAKUWANWAN」をやっている部長のくれいの部屋で作業を行うことにした。

何回かくれいの家に通い詰めたせるふたちはいくつかの小物を作り上げ、ついに販売へとこぎつけた。

「ぢめぢめ」ってDを頭文字にしたいからわざとに「じ」を「ぢ」にしたんだろうけど、古語っぽくてけっこうムリヤリサブタイトル決めてる気がする。

さて、部長のくれいの自宅で先日浜辺で集めた秘密基地計画の材料を用いて計画のための資金稼ぎにネットのフリマサイト、あるいは手作りDIYコーナーで売る小物作りにもチャレンジをしていく話。

そうそう、本編で語られていたので全く関係ないわけではないんだけど「つまらないものですが」って謙遜した表現で手みやげ渡すの、最近はいい印象持たれないらしいよ、たぶんつまらないって直球なネガティブ表現が嫌われてるんだと思う。

メインはそれぞれの小物の作り方、作業光景なんだけどやっぱりにMBTI(16タイプ)がめちゃくちゃ出てたね。

手先は不器用だけどまあいっかーとあんまり細かいところは気にしてないせるふ→×NFP、ただ、このタイプは集中力はあるとはいえないのであまり工作には向いてない気がする。

セルフとは反対に前回はその集中力で砂のお城(和風建築の方)を作っていたし今回もやはりコツコツと小物作りに取り組むたくみん→ISFJ(擁護者型)

やや上から目線なきらいがあるが効率重視でタブレットの手書きメモを使い図面に細かく書かれた手順通りに作っていくジョブ子→ESTJ(内向的ではない、自分にも他人にも厳しい管理者型)

寡黙だがDIYにおいては器用な手先を見せていき女子力もある一方で料理はあかんくれい→ISTP(巨匠型)

一番最後に入部したしーちゃんもくれいから教わりつつ気に入ったコーヒードリッパー作りにチャレンジ、まずは簡単な作業から慣れていけー!→ちなみに彼女も内向よりも外向、N型よりもS型、ESFP(エンターテイナー)あたりが妥当かなあ。

それぞれ異なるアプローチで作業を続けていく様がじっくりと描かれていて好印象。

生焼けクッキーはお腹壊すからもだかい焼き直した方がいいと思うんだが、めちゃくちゃおいしそうに全部たいらげてたしーちゃんとあんまり強く何も言えないくれいの両親のお腹の調子が心配でならない。

しーちゃんはあの名前で日本人ではないのでそういうお菓子だと思って食べてるのかもしれない。

しれっのお菓子をなすりつける策士せるふなる一面も見られた。

くれいのところはお父さんも出るんだ、この作品、せるふやぷりんのお父さん出てきたこと一度もなかったのに。

そんなくれいの両親は何回生焼けクッキーをお見舞いされてきたんだろう、小麦アレルギーにならないことを祈る。

せるふはでかい工具とでかい刃物は使ってはいけない、ケガばっかしてるから心配でヒヤヒヤするんだよお!

とはいえ部長はせるふの危なっかしい手つきで作ったブックスタンドを使っていることからもちゃんと後輩にも敬意を示していることが分かった。

手土産から休憩時間のおやつに至るまでめちゃくちゃ楽しそうな作業光景だったね。

そんな一連の成果物が店ホームセンターの片隅で特設コーナーで販売される、みなでつくりあげたものが金銭的価値を持った瞬間でもある。

これもいい感じだ。

ジョブ子から話を聞いてもなお楽しそうねとだけ吐いて素直になれないぷりん、かわいいなあ!はやくDIY部に入部してきてきて!!

次回の感想記事

Do It Yourself!!-どぅー・いっと・ゆあせるふ-8話感想:秘密基地の設計図作り、基地の完成は1学期いっぱい
Do It Yourself!!-どぅー・いっと・ゆあせるふ-第8話「すてっぷ⑧DIYって、できない?・いいえ!・やれますとも!」感想前回の感想記事第8話感想部費(材料調達費)稼ぎのためにD...

コメント

タイトルとURLをコピーしました