ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ9話感想:殺人事件の犯人はリューになすりつけたいジュラだった!!

2022年夏アニメ



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか第9話「凶兆」感想


前回の感想記事

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ8話感想:ついにベルはリューと遭遇!一体何があった!?
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ第8話「混迷」感想前回の感想記事第8話感想疾風ことリューが殺人をするはずがない、あまたの冒険者たちに彼女の潔白を証明したいベル・クラネルは...

第9話感想

リヴィラの街で起きた殺人事件の犯人は疾風ことリューに罪をなすりつけたかったジュラ、というかジュラも含めた冒険者たちだった!!

ジュラの企みがベル・クラネルにより露見したため復讐とばかりに深層に生息している巨大な蛇の生物であるラムトンを召喚し追い詰めていくも総力戦の末に打倒、だがその間に冒険者たちは次なる作戦を実行しようとしていた・・・

ということでベル・クラネルが信じていたとおりリューは犯人ではなかった!!

ひでえ、ひどすぎる、ジュラたち、古傷を今できた傷と偽って自分たちはやってないと罪を賞金首であるリューになすりつけようとしたうえ、冒険者をけしかけた末にすでに手懐けていた大蛇を召喚してリュー討伐隊をよってたかって陥れようとしてきやがったぞ。

5年前の復讐とはいえもう行き着くところまで行ってるよな、もはや目がラリって気狂いになってたし。

逆にリューとベル・クラネルは和解が成立、といっても和解が必要になるほどの仲違いではなかったかな。

あんな大蛇とまともに戦ったらいけんよ、手懐けられてようがなかろうがなにされるか予感できないし、ほんとに安全な場所に逃げるが吉だよ。

とはいえこれでもまだ厄災としては前座っぽいんだよな、深層の獰猛なモンスターにしてはカサンドラやアイシアたちによりあっさりと倒されすぎてるからね。

カサンドラも言ってるとおりあまりにも結末があっけなさすぎる。

これで終わりなわけがない。

まだ二ツ目や真打が登場してきてない感じ。

というかジュラでさえ単なるおとり役で、本隊はダンジョンを破壊して回ってたうえ絶望を呼び寄せていたとかほんとにクズクズクズクズほんとクズ、みんなして顔がもうイっちゃってる。

次回の感想記事

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ10話感想:ジュラは復讐とばかりにあまりにも強力すぎる厄災を呼び出した!!
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ第10話「ホワイトデーに期待していた会社の同期…」感想前回の感想記事第10話感想うわあ、ジュラとそのお仲間さん、ダンジョンのある階層を火薬...

コメント

タイトルとURLをコピーしました