SSSS.DYNAZENON第1話感想:退廃的な日常からのダイナゼノン起動!

2021年春アニメ



SSSS.DYNAZENON第1話「怪獣使いって、なに?」感想


アニメ公式サイト

「SSSS.DYNAZENON」公式サイト
「円谷プロダクション」と「TRIGGER」がおくる完全新作アニメーション制作決定!

第1話感想

今回は主人公の蓬がクラスメイトの女子の南夢芽と会う約束をするも、約束の時間になっても彼女は来ることはなく変わって来たのが前日に出会った怪獣使いのガウマで、空腹で行き倒れていたところを蓬が助けたところから親交が生まれ、狩りを返そうと南さんを探しだすもそこに突如として怪獣が出現してしまい、ガウマ、蓬、南さん、街が浮かび上がる様子をたまたま見に来ていた無職の「先輩(エンドクレジットによると山中暦)」の4人がダイナゼノンを起動させて戦っていくことになったエピソード。

本編開始17分までのBGMもいっさいない、あるのは雨音だけか、そんな物静かな雰囲気で闇持ちだらけの退廃的な登場人物たちの日常と17分以降の怪獣が出現し、ダイナゼノンを召喚して戦うシーンのこの雰囲気の差よ、これは見るしかないじゃないの。

1人は自ら学校に行かないことを選んだ女の子、1人はその女の子と一緒に住んでて部屋がもので埋まり足の踏み場もない無職の男の子、1人は男の子と約束を守らない「どうかしている」女の子、1人は両親と暮らしつつスーパーのバックヤードで整理をするバイトをやってる普通(入学祝いを袋ごと全額寄付ボックスに入れてるから普通じゃないか)の男の子。

学校に行かないことを選んでいる子と不登校の違いはなんだろう、通うべき学校があるかないかの差か。

守ることがない約束をする女の子は自身も言ってるとおり本当にどうかしてる、1カットだけ挿入された回想シーンによると、姉が高校生のときに亡くなってしまって以来ずっと虚無感しかなくなってしまい、たびたび守る気がまったくない約束を男の子たちにして、その後男の子たちがどんな反応を見せていたのかを友人から聞くことで自分が生きていることを実感しているんだと思う、両親によると、この子は姉と同じ高校に通ってるとも言ってたね、出てきた人たちのなかで一番闇持ちだよな。

1カットだけ出てきた大量に脱ぎ散らかされた上履き(というかこれはデザイン的に体育館履きだろう)がどれも一回も洗ったことがないきたない、においまで想像できてしまう(絶対園においはかぎたくない)のがこれまたアンニュイ感を漂わせる、上面に名前まで書かせられるのは自分も経験ある、三文字名字の人はここにどう書いてるんだろう。

インターネット民からは底辺と受け止められてもおかしくない無気力で退屈な日常を過ごす少年少女たちがいきなりダイナゼノンに乗り込んで起動させて目の前の怪獣と戦うというんだぜ、雰囲気の差があまりにも違いすぎてこれは見ないわけがないじゃない。

ダイナゼノンは起動させるのに4人必要で人間形態ともう一つ変形したドラゴン形態(ダイナレックス)ってのがあるらしい、なんかよくわからないけれどたまたま現場にいたことからダイナゼノンの起動メンバーに選ばさせられた「先輩」がある意味で不憫でならないな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました