Engage Kiss4話感想:アヤノもシュウの記憶はキサラにしかないことを思い知る

2022年夏アニメ



Engage Kiss第4話「奪い切れない未練」感想


前回の感想記事

Engage Kiss3話感想:シュウ、キサラ、アヤノ、全員メンヘラコース
Engage Kiss第3話「ほんの僅かな酷い代償」感想前回の感想記事第3話感想今回はシュウの内面に深く突っ込んでいく話。ということでわかったのは・・・シュウは幼少期に両親を悪魔に殺...

第4話感想

冒頭で病院に搬送された瀕死の男誰だよ←前回アヤノとシュウが公園で密会したときに公園でパツキンの男とランニングしてた人物(トニー)

ああもう先週の大企業に続き警察も本当に縦割りお役所、退魔局って結局何の組織だよ、背広着て規制線はるだけが仕事かよ。

目の前でマフィアと悪魔憑きとの銃撃戦が起こっても対策持ち合わせてないから突入できないから結局法人を立ち上げてはいるけれど実質フリーランスで小回りが効くシュウ頼りになるわけで。

本筋である事件を追えばいいのか、それとも私は本筋とは思っていないアヤノとシュウとキサラの関係性の方が本当は本筋でそちらを追っていくべきなのか判断に迷う。

アヤノ…そうだよな、いまだに別れた男に未練たらたらだもの、シュウにはめちゃくちゃ破格の安さで仕事を落札して請け負ってまで両親を殺した悪魔をこの手で下したいって目的があるとはいえ、別れた男が自分との恋愛の記憶をすでに大半がキサラに切り売りしてる事実なんて知ろうもんなら、仕事のパートナーではなく元恋人として止めたくなるよな…

しかもすでにシュウがキサラに切り売りした記憶には幻に終わってしまった初体験のことも含まれているっていうんだから。

そして意外とアヤノさん、未経験なんて暴露されちゃってカタブツかと思いきや誕生日の日に色っぽい下着をつけて食べられる気満々だったったって大胆なことを考えていたのね。

とはいえ大人になったから別れたってそんな抽象的な理由で別れられてもって感じだけど、だから未練を持ち続けてしまうのかな。

そんなアヤノにとってはほろ苦い一日でしかなかった誕生日パーティーとその後深い一夜になるはずだったときの記憶もすでにシュウの頭にはなく。

それでもシュウのことを好きでこれ以上彼には破滅してほしくない気持ちが強いアヤノと最後の女になれるならシュウが記憶を全て失い完全に破滅するところが見たいアブナイ思想を持ってるキサラの姿を目の当たりにする、しかもこの両極端な思いが双方それぞれの愛のかたちっていうんだから物悲しいわな。

とはいえアヤノはシュウがいないと悪魔退治が進まないのがわかっているからこれまでも、これからも止められないのがなあ〜

シュウが記憶を切り売りしてること悪魔のことにしか見向きをしなくなってしまった場末の高架下で女衆がおでん食べてるもんだから中年サラリーマンみたいな哀愁さえ漂ってたね。

次回の感想記事

Engage Kiss5話感想:シュウとのついさっきの記憶をキサラに吸い取らせちゃうえげつないアヤノ
Engage Kiss第5話「うたかたの爪痕」感想前回の感想記事第5話感想おいしいもやしTシャツほしい。イサム&シュウのイサムって誰だと思ったらシュウの父親の名前だった。この...

コメント

タイトルとURLをコピーしました