夫婦以上、恋人未満。5話感想:大きな胸を押し当て押し倒されることを期待される、これ刺激強すぎだろ

2022年秋アニメ



夫婦以上、恋人未満。第5話「⿐⾎以上、キス未満。」感想


前回の感想記事

夫婦以上、恋人未満。4話感想:星はチョロいけれど軽い女ではないアピール、もうすっかりカップル
夫婦以上、恋人未満。第4話「勇者以上、主⼈公未満。」感想前回の感想記事第4話感想遊戯王のパロディ多いな、次回予告までそうだった、奇しくも原作者亡くなっちゃったからね…今回は次郎の友人...

第5話感想

星は友人のサチとナツミから気づけば次郎を目で追うようになっていると指摘されていた、そんなことはない、好きなのは岬波だと否定するもののふたりからは「一応まだ」「そういうことにしといてやる」なる言葉が付け加わっていた。

一方で次郎との恋を進展させたい詩織は友人のめいからあるアドバイスをなされていた、それは仮のお嫁さんから押し倒されるかもしれないからいきなりキスしろという内容だった。

次郎と詩織は日直になり、放課後に黒板を消していると不意に会話が途切れた、ふたりはそういう雰囲気になってるも詩織は顔にチョークの粉が付いてただけとごまかした。

その様子を星も見てしまいもやもやした気持ちになってしまう。

その夜、ベランダでひとり星空を見ながら詩織のことで黄昏ている次郎に星はホットミルクを渡すや、自分のことも下の名前で呼んでみてよと誘ってきた、それは詩織のことは下の名前で呼んでて自分も次郎のことはじろーと呼んでるなのに嫁の自分のことは苗字呼びなのがあまり気に入らないからで、このやりとりで次郎が好きなことを自覚した星はどうすればいいのか混乱するようになっていた。

さらに後日、抜き打ち試験が行われることになった、今回はペアの点数を合算して成績を算出するという。

次郎は他校の男子とこれから遊ぶという星を断らせてまで勉強に付き合わせるも、部屋ではだんだんとそういう雰囲気になっていった。

星のなかではこの先Aランクになってペアを替えた場合のことを考えるようになっていた。

Aパートでは詩織と、アバンと中盤からBパートにかけては星とそれぞれイチャイチャタイム。

そして星が次郎のことを好きなことをついに自覚する機会が生まれた話。

もうさっそく10組も夫婦実習マジック起きてるんだってさ、意気投合するの早いところはほんとに早いな、いままでなんとも思ってなかったふたりが共同生活をすることで誰も知らない魅力的な点がどんどん見えてきて…ってやつだろ?

これは星と次郎、あるいは詩織と岬波もそういう関係になる可能性があるってことだ。

まあ前者はすでに星が次郎のことを好きって自覚してるところまで進展してるんだけどね。

次郎は星のことはどう思っているのかは全く見えてこないが彼女の何歩も踏み込んだアタックにたじたじなあたりちょっとは意識はしてるんだろう。

一方で詩織と岬波の共同生活はどないなっとんねん、最初はEランクにいたかと思えばAランクにポイント伸ばしてるときもあるし、何があってそこまで続伸してるのかそこもちょっとくらいは描いてほしいんだわな。

今回も岬波の登場、1秒たりともなしだったしな。

しかしまあ幼なじみで両想いな子にはここぞってときにまったく踏み出せないのに、なんとも思ってないだろう子にはグイグイいけちゃうあたり次郎の恋愛に不慣れなドーテーっぷりがよくわかるわ。

おまえなにひとりたそがれてるんだよ、どう見たってあのムードならぐいぐい詩織に押せるだろうになに尻込みしてるんだよ中学時代でさえ告白したら詩織はオッケーしてくれてただろうに、それでもお前男かよ。

なぜか女の子からの好意を持たれてるとわかってもひとりネガティブシンキングになるあたりやはり恋愛経験のなさが見てとれるな。

詩織もぉ!やっぱりこの二人はこの関係が壊れるのがこわいって心境になってしまってるんだろうね。

逆に星、次郎が好きであることを自覚したか、案外早かったね、やっぱり好意はちょっとしたやりとりから自覚してしまうものなんだな。

とはいえもう何回もYの字を露出させてる胸を次郎に当ててきたり、次郎の鼓動を聞いて気分を落ち着かせてたり、くやしいから自分のことも下の名前で呼ばせたりと何かと遠回りで積極的なんだよなあ。

とくに女の子からの下の名前で呼んでほしいってのははかなり好感度が高くないと起きないイベントだからあなたも本命の子とこれが起きたら付き合うまであとちょっと、女の子は嫌いになることはないってところまで進展してるから覚えてほしい。

ホットミルク作りすぎた、はあれどう見てもわざとに作りすぎただろ、しかもマグカップはJとAって農協になってるし、もとい、ふたりの下の名前のイニシャルになってるし。

もうこの時点で次郎と星が深層心理的にラブラブなのは決定的だぞ。

あんな露出した服装もあれ絶対次郎のことを誘っているし、ソファーで押し倒された格好のときにまんざらでもなかったのはすでにキスやその先のことを期待していたからだろ?

まあ次郎でなくても押し倒したときにあんな色っぽい表情されたら我慢できずオオカミになっちゃうけどな。

もう星は次郎が違う柔軟剤の匂いじゃいやだ=ペア変わりたくないって思いはじめてさえいるしな。

もう星はここまできたら次郎一筋だよ、次郎のことしか頭にないよ。

次回の感想記事

夫婦以上、恋人未満。6話感想:渡辺星がひとりで空回りしてる
夫婦以上、恋人未満。第6話「童貞以上、処女未満」感想前回の感想記事第6話感想星は再び薬院と呼ぶようになっていた、特に機嫌が悪いわけでもなくいつもどおりの夫婦が続いている、次郎は理由を考えたと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました