ゴジラS.P第10話感想:ゴジラの真骨頂、東京大炎上

2021年春アニメ



ゴジラS.P第10話「りきがくのげんり」感想


前回の感想

ゴジラS.P第9話感想:ゴジラが成体に変態、破局点にいるのがこいつ!?
ゴジラS.P第9話「たおれゆくひとの」感想前回の感想第9話感想今回は築地川公園付近において自衛隊の多数の砲撃を受けて動かなくなったゴジラに追加で空から砲撃を行ったところ大量の紅塵を広範囲に撒...

第10話感想

今回はゴジラがついに成体となって紅塵を撒き散らしながら咆哮をあげて街を襲い、飛んできたラドンも倒していく一方でユンとハベルは移動中のバイクにおいてこれまでの情報を整理しつつ、鉱石ラジオが謎の音楽を受信した洋館において前の住人であった葦原の書き記した資料をジェットジャガーで解析していくと、「解けば分かる」のMDハッシュや、さらにミサキオクにいたメイとの電話であった「書いてある そのまんま 指示のとおり」の会話があった時刻を含め256ヶ所の時刻をMDハッシュも発見、その時刻が2件を除きカミムシとのチャットをしていたと分かり、その時刻のとおりに読み上げさせていくと意味があるようなないようなメッセージが作り上げられ、残り2件のうち1件はミサキオクとの通話、残り1件は4日後であることが判明したさなかまたもミサキオクの地下に眠る骨からの音楽を受信したエピソード。

そのメイは現在、インドの空港においてスリにペロ2を奪われる一幕もあったがBBの代理人である娘のリーナと落ち合い、BBと合流していくことになるも、ユンたちが鉱石ラジオで受信したものと同じ音楽を受信したのを聞いた途端、どこかから地下から紅塵が捲き上げられ地下から巨大な生物が出現してしまい、軍隊による攻撃が行われるも全く刃が立たず、紅塵が結晶状になったことでようやく動きが止められた。

その頃、東京では自衛隊によるゴジラへの砲撃が絶え間なく行われるもこちらも全く効かず東京は火の海になっていくばかりだったのであった。

ありがとう、佐藤とユンとハベルが葦原の生前の足取りや彼の研究の結果近いうちに破局が起きる、というかもう起きかけていることについての状況説明を分かりやすーくしてくれたよ。

これでいままで何の話だったんだよってチンプンカンプンだった会話がわかりやすくなるんじゃないかな。

おさらいをすると・・・世界のルールが消失する場所、特異点が地球のあちこちにあってそこが紅塵を生産、例の骨が発する楽曲を受信したことで特異点を介し別な世界から来たであろう怪獣たちが紅塵とともに次々とこの世界に出現、その紅塵を消し去り、怪獣を退治して特異点どうしの異なる意見=競合から起きる破局の未来を回避するためにはオーソゴナル・ダイアゴナライザーが必要だが現在は開発途上にある。

でもオーソゴナル・ダイアゴナライザーを用いて紅塵をなくすだけではダメで、過去か未来、別な平行世界から時間を捻じ曲げて東京に何かを送り込み破局を利用してゴジラを退治する必要がある、というよりもそうしないと退治ができない。

そのタイミングが起きるのはこれからわずか4日後、だから4日後以降近いうちに恐れていた破局が発生するんだろう。

そこでユンと、あとはオーソゴナル・ダイアゴナライザーを完成させたメイたちが東京に何らかの手段を用いて帰還して合流(これも時空をいじくってワープしてくると思われる)し、最後は二人の知能も集めてゴジラが倒されていく・・・

超時空計算機を用いて分岐した未来をすべて覗いていた葦原はかつて赤い海から巨大な生物が誕生するのを目撃、何らかの手段を用いてその生物は倒されるも資料は戦災の混乱で散逸、それでも後年になり巨大生物の骨を保管していた施設を見つけ出して買い取りミサキオクとして監視、そしてこの骨は電波を発することが分かりマニュアルを作成して施設に残し、時が経ち世間では急速に巨大生物のことが忘れ去られていくなかでひとり研究に没頭するようになり数々の資料を保存していった。

MDハッシュの発見だけでなく、一組の若い男女が交わすスマホアプリのチャットの内容を50年前、だから1980年にすでに予言していた葦原なんだけど彼はどこまで科学技術の発展を予知してたというんだよ、「お寿司?」「東京遊覧飛行もつけよう」「乗った!」なんて明らかに破局の回避をする方法の話からは外れた雑談、というかイチャイチャ話なんだけど葦原の予言の能力はそのイチャイチャまで読んでいたというんだからな、驚きを隠せない。

中盤はずっとユンとメイのシーンだったけれどここにきて最後に見せてきたねえ、基地から次々発進するDD51牽引による戦車輸送(東飯能駅、ただしこの列車は北上して高麗川方面に向かっている)、さなぎから成体に完全変態したゴジラ(ゴジラウルティマ)の放射熱線で東京が火の海と化す、そこにBGMで鳴り響く例のメインテーマ、原曲を最大限尊重し独自の解釈も入れてきたアレンジ、しかもいっちょ前に怪獣名を列挙するコーラス付きですよみなさん。

とはいっても怪獣名を列挙する歌詞がついたのはこれがはじめてではなく、実はメインテーマにはじめて歌詞がついたのは1997年に放映されたゴジラアイランドって作品のOPテーマ。

5分ものだし平日のおはスタ枠だったしで見てた人少なさそうだけど、その楽曲のやたらノリが軽い女声のボーカルとは違う、重々しいコーラスが響いていたね。

東京の街を襲うゴジラを見つめる自衛隊員が私たち視聴者が待ち望んでいたシーンにおける表情を代弁してた。

シン・ゴジラまでのどでかいゴジラを見てきているので今回のゴジラは全長が思ったよりも小さいのが気になるっちゃ気になるけれどゴジラが自衛隊の応酬も虚しくいくつものビルを貫いて遠く東京都庁まで届く遠距離光線を放っていく光景はよっ、待ってました大将!って感じ、このラスト3分だけをずっと見ていたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました