ハコヅメ~交番女子の逆襲~6話感想:藤たちは全員運転態度がわるいのでクビになった

2022年冬アニメ



ハコヅメ~交番女子の逆襲~第6話「合コン狂騒曲」「暴走ポリス」感想


前回の感想記事

ハコヅメ~交番女子の逆襲~5話感想:上級国民気取りの男に恥辱を与える藤たち
ハコヅメ~交番女子の逆襲~第5話「深夜のパトロール」「VS.チカン」感想前回の感想記事第5話感想前半はビビリの川合が深夜真っ暗になった学校において、気を紛らわせつつ敷地内をくまなく歩き回った...

第6話感想

ハコヅメ完、次回からハローワークっちゅう別なハコに詰める4人の模様をお楽しみください。

ってわけではなさそうだ。

前半は男性社会であるところの警官にとって異性との出会いはコンパくらいしかなくて、そのうえで警官であることを誇りたい男性と隠したい女性っちゅう考え方の違いが見られたエピソード。

後半は一番に臨場することに強いこだわりがある警官は緊急走行時に荒れ果てた林の中をショートカットをするもんだから、乗り慣れたクラウンをボロボロにしてしまい上司から大目玉を喰らうエピソード。

どちらもコントじみたストーリー展開だったね。

警官にとって警官以外の異性との出会いはそれこそコンパぐらいしかないのは警察の世界はそれこそ外界とは完全に隔絶された空間だからであり、もはやそういうもんなんだろう。

で、男は仕事に誇りを持ってるのか話すことを盛り盛りして女はゴツく見られたくないのか仕事内容を巧妙に隠そうとするのはこれもよくある光景なんだろう。

いい格好したいと職場でのグチも含めて全ての発言がブーメランのように自分に返ってくる展開は笑ってしまったが、警察官も警察官で上下関係が非常に厳しくあの長時間勤務のなかで日々の警らだけでなく署内の政治も対処しないといけないってんで大会社のサラリーマンよりもストレスが何十倍も溜まる仕事であることは確かなんだよな。

以前別な合コンに参加したら女の子が未成年っぽかったからこれは警察官としてと言うより人としてまずいと動員とゴマかしてスタコラ逃げたことやこれからコンパだよって言ってるのに源の所持金がたったの二千円と世知辛いこと(さすがに銀行行けばお金は多少あるんだろうが)、一方でストレスを癒してほしいと悪口がバンバン飛び出るコントじみた会話劇でもお姉ちゃんとそこそこいい感じになれそうだったのにサイレンの音を聞くと反応して非番だろうが招集は絶対だからとリアルに戻らされていくこととメリハリはちゃんとついていて好印象だったけどね。

川合、源、藤、山田の4人がまとまって非番になるケースはあれレア中のレアなのではなかろうか。

後半はこち亀の本田みたいな性格の野郎がいたね、本田はバイクなんだけど、こちらはハンドルを持ったら人が変わったように第一臨場を目指そうとするの。

でもさ、一報が入ったときにあなた方に先行して臨場してる人いたじゃん!しかも捜査一課のなかでも優秀と評されて糾弾されることを免れたっちゅう男女のペアな!

後半の通報も事件性はなくて何よりなんだけど(農作業中にカマ持ってる光景は都会じゃ見かけないからね)、源ら4人は先行して臨場してるあの人たちの存在を忘れ去ってるしサイレンを鳴らすと我を忘れたかのように横着して少しでもショートカットしようとして舗装されてない林の道を急いで走っていくもんだからクラウンを傷だらけにして事故と扱われるしで散々なことしかしてなかったね。

日常の業務で溜まったストレスを解消したいのか、ライバルを出し抜くために面パトなのをいいことにレーシングカーのように扱ってみんなして正義をどっかに捨ててくる展開、嫌いじゃないよ!

川合もパトカーの運転技術を学んだらやはり公道をサーキットにする合法レーシングカーにしてしまうんだろうなやはり。

次回の感想記事

ハコヅメ~交番女子の逆襲~7話感想:藤聖子は黙っていると美人
ハコヅメ~交番女子の逆襲~第7話「尾行選手権」「人たらし」感想前回の感想記事第7話感想今回は前回Bパートで署長車を傷だらけにして副社長から大目玉を食らった源の汚名返上回といったところ。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました