ひげを剃る。そして女子校生を拾う。第1話感想:テーマが危険すぎる作品が登場

2021年春アニメ



ひげを剃る。そして女子校生を拾う第1話「電柱の下の女子高生」感想


前回の感想

アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』公式サイト
2021年放送開始予定。

第1話感想

今回は26歳のサラリーマン、吉田が5年間思いを寄せている女性、後藤さんに告白するも彼氏がいると見事に玉砕してしまい居酒屋でやけ酒を飲み同僚に愚痴をこぼした深夜の帰り道に道端に座り込んでいる女子高生の沙優を見つけ一晩泊めることにしたエピソード。

沙優は旭川から東京に家出をして以来、神待ちをしており男の家に泊まる変わりに身体を差し出していた、吉田も彼らと同じように身体が目的だろうと誘惑しつつ差し出そうとするも吉田はそのつもりは一切ないという。

翌日、沙優が作ってくれた味噌汁のにおいで目覚めた吉田は知らない間に部屋にJKがいることに気づき驚くも、彼女の境遇を知り、仮想的に親の立場に立ち彼女にお説教をしつつ、働くことを前提に同居生活を送ることを選んだ。

同居生活が始まってから数日後、吉田は同僚にこの一件を相談、どうやら自分のやっていることが犯罪になるかならないかボーラーライン上にあることには気づいているようだがどうしたらいいか自分でもはっきり分からずにいた。

彼女の言動からどのような価値観を持っているのか類推していく吉田は彼女にパジャマと布団を購入した。

体調の変化から吉田は会社で彼女ができたのではないかと噂になっていたのであった。

さっそく当作品、Twitterにおいて視聴者(アニメ感想クラスタ)から賛否両論の議論が沸き起こっているようで。

よくアニメ化の企画通ったな、こんなん年のいった女が見たら大炎上すること間違いないのに。

まあ実際作品のテーマが神待ちしている未成年の家出少女をたまたま通りがかりに見かけた会社員の成人独身男性が酒に酔った勢いで自分の部屋に泊めて共同生活(することで互いにあれこれ心情の変化が現れる)なる犯罪のボーダーライン上にあるもので、法律的に見るとJK本人の同意があっても場合によっては未成年者略取誘拐罪になることがあるので最悪5年以下の懲役刑に処せられるわけだけど、そんなん吉田さんもどこの馬の骨ともわからないJKが知らない間に自分の家にいることを知ったときにこれは犯罪になるかもしれないことを自覚しとるわ!じゃなきゃ直後に同僚に相談なんてしないし、JKには興味がない体で誘惑を理性で必死こいて止めないし彼女のどこで歪んでしまったか分からない人生を正して家に帰そうとはしない。

でもフィクション作品なのでこの設定もアリ、吉田は終始仮想的に親としての立場に立ち性根が曲がっているわけではないし、沙優もなにがあって家出したかは分からないが本当は家族や友人、本当の恋人ができたら恋人に甘えたがりのいい子なんだろうってのが分かる、僧侶枠じゃないけれど男が皆理性よりも煩悩、下半身に生きている僧侶枠なら男が本能に赴くままにJKと連日連夜深い関係になっているだろうねこれ。

清潔であることがヒロインに求められる時代に清潔でないことが明示されているヒロインはいつぶりの登場だろう、過去の男性関係を描写しないグレーゾーンのヒロインは大量にいるのに。

ヒロインがすでに清潔でないことで当作品の危険すぎるバランスをある程度は釣り合うように保っている感じか。

むしろ沙優は家出してから何人もの男の家を渡り歩いてきてよく体が無事だな、価値観はあまたの男たちにより捻じ曲げられて自分からやすやすと身体を差し出し誘惑をする大安売り状態になってしまっているんだけど、それにしてもどれだけ強運の持ち主なんだ、そちらのほうが気になるんだ、服装も家出を続けているにしては小綺麗だしな、現実じゃ前科持ちだったり金目当てに拉致監禁してそのまま欲望の赴くままに奴隷みたいな扱いをさせたり、あるいは裏の世界(売の春の婦や風の俗)に平気で売り飛ばしたりする野郎もゴロゴロいるからね。

見た目清純そうな子から軽々しく「やらせてあげる」「やらなくていいの?」なんて言葉を聞きYシャツのボタンを外し胸元をはだけさせた姿を見たら私なら行為には及ばないだろうけれど、多分体の一部が多少は反応しちゃうと思う。

とはいえどこで吉田は一生人生を棒に振るかもしれないことを自覚しつつ沙優と共同生活をすることを選んだかそこは気になる、恋をしたわけではなさそうだし、むしろ絶対に恋愛感情には至らないようにそこは多少の距離をおいて動いているし、じゃあ座っていたときにチラチラ見えてしまっていた布に反応してしまったか、正直でよろしいけれど、出張してきた女の子と交えたあと枕元で説教する痛々しいオッサンになるなそれはそれで。

吉田が最後未成年者略取誘拐罪と強制わいせつ罪で捕まってしまうかどうかだけ見たいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました