カッコウの許嫁14話感想:瀬川ひろと海野幸が初対面回

2022年夏アニメ



カッコウの許嫁第14話「壁は超えるためにある!!」感想


前回の感想記事

カッコウの許嫁13話感想:恋の病で凪の成績が話数と同じになってしまった
カッコウの許嫁第13話「なかなかうまくいかないねぇ」感想前回の感想記事第13話感想一週空いての2クール目。海野凪はいま、海野幸、天野エリカ、瀬川ひろと3人の女の子で本当に好きなのはだ...

第14話感想

追試対策の追い込みにそもそも円周率がなぜπと表されるのかそこから気になるエリカと、そういえばそうだった、夏祭りにおいて海野幸と瀬川ひろが初対面回。

追試の方はエリカ父は実家に帰ってきてほしいなんて思ってなくて、エリカと凪の愛があれば追試なる関門もなんとかなる!ことを目論んだイベントかな。

現代史の教科書のイカれた内容が笑えたけどな。

なんだようどん庁新設って、実はその前に蕎麦庁も設置されているがなぜか蕎麦は漢字でもうどんはひらがな。

ウエディングケーキ入刀が夫婦の共同作業なんて言われていた頃もあったけれど凪とエリカは違う、すでに許嫁なので共同作業で気持ちの確かめ合いがし放題なのである。

作者の気持ちを答えなさいなんてステロタイプの文系ムーブの問題にひとこと、「キュンです」なんてお前のふさけた気持ちを答えるあたり明らかにエリカは頭で物事を考えていなく、場のノリだけで生きているESFP。

逆に円周率がなぜにπなのかをやたらと気にしていたりと割とこだわるところはこだわったりする。

ちなみに、πはギリシャ語で円周を意味する単語の頭文字である、わりと単純な理由だった。

でもESFPって意外にも?繊細なところがあるから、いま自分が置かれている状況が背水の陣であると認識すると妙に現実的になるんだよな、これが楽観的で理想的なところがあるENFPとの差だ。

ゆえにひとり部屋で夜中に猛勉強してたでしょう、父親からは帰ってこいと言われ、凪からはやる気ありますぅ?と呆れられ幸もこの状況が気まずくなって離れていき頭ではずっと後がないとわかっているのである。

ここで思い悩んでるエリカをとことん突き放さないのが凪のいいところでもあるんだけどね。

円周率が3.14である理由もちゃんと教えてあげてるしな。

後半は夏祭りで海野幸と瀬川ひろが初対面回。

実家の海野亭もこの祭りに協賛していて屋台を出しているってことなんだけど、その屋台を子に任せてあの親はどこいった、親は親でまた別な活動でもあるのかな?

意外…でもないか、瀬川ひろと幸は今回が初対面だった、これで瀬川ひろ、エリカ、海野幸による三つ巴の戦いが始まっちゃう感じ?

幸と凪が恋愛関係になろうとしてるっちゅう個人的には不可解な状況ではあるけれど。

3人が一堂に会したらさっそく、女同士のみにくいみにくい超みにくい蹴落とし合いがはじまりそう、というかもうはじまってるだろ。

エリカは幸のことを「私の妹です」なんて瀬川ひろに紹介してたしな、あの発言、裏ではふたりを同時に困惑させることで牽制してるんだで。

そんなことはないか、エリカはつい最近まで結婚を前提にするつもりはなかったしな。

場をかき乱す狙いはなくて、単に面白がっていってみただけってのが有力だろうな。

次回の感想記事

カッコウの許嫁15話感想:夏まつり、私をさらってねえ凪くん
カッコウの許嫁第15話「言うしかない、俺たちの秘密…!」感想前回の感想記事第15話感想海野幸が自分の妹ですと凪とエリカが別々のタイミングで瀬川ひろにそれぞれ紹介したことで、ついに正直に自分た...

コメント

タイトルとURLをコピーしました