カッコウの許嫁24話感想:病人にカツ丼食わせる男のどこが通じ合ってるんだよ

2022年夏アニメ



カッコウの許嫁第24話「二人が幸せならそれが一番じゃん」感想


前回の感想記事

カッコウの許嫁23話感想:瀬川ひろと海野凪がついに!旅館で!!大人になる!!!
カッコウの許嫁第23話「これからどうしよっか」感想前回の感想記事第23話感想エリカの兄、宗助は日本にいることがわかり凪も前向きに探そうとするが結局見つからず、東京に帰ろうとしたそのとき、瀬川...

第24話感想

海野家で開かれる凪と幸の父親の誕生日会にて両親は許嫁のことについての本心を語り出した。

まさかまさかの最終話でやることがそれ!?

そりゃ凪も幸もテンションダダ落ちだよな、洋平の誕生日会なんて最終回でやるようなイベントじゃないもの。

ラブコメものではあるまじき、とにかくダラダラと話が続きダラダラと終わっていったよな。

とはいえもう一人アルバムに一人の見知らぬ女の子が写っていたことで今後新キャラが出てくる布石は打ち込んでいるのか。

洋平が36歳なのはさておきエリカの父57歳なの!?えっ、二回り近く歳離れてるの!?

ホテル王57歳なの!?もうすぐ赤いちゃんちゃんこ着る歳なの!?もっと若いと思ってた…

そんな情報を明かすイベントをなんとなんと最終回でやっちゃうの!?

それは贅沢というかなんと言うか。

しかもしれっと両親はエリカに会えたことだし許嫁のことはもういいかなーなんて言い出す始末だったし。

あれ後のことまで考えた発言じゃなかったんだ、場のノリでなんとなく言っていたあたり洋平が元ヤンであったことを実感させられる。

後半は勉強会中に気分悪くなったかと思えばエリカが夏カゼひいて高熱出してしまった話なんだけどこれもやはり最終話でやるような話ではなかったよな。

ラストに凪とエリカの関係が進展してるところくらいかみどころは。

病人にここぞとばかりに御神酒飲ませてサウナに入れさせるてカツ丼食わせる瀬川ひろと海野幸と凪のそれぞれの発想があまりにも危険すぎたのだけは覚えているけど。

38度の熱を出した女がようアツアツのカツ丼食えるよな。

これで凪とエリカはお互いのことがよくわかっている許嫁であると言われても反応に困る。

こう見てみると、結局24話もあってヒロインが3人いたわりに話があんまり進んでないとしか思えない。

うーん、どうなんだろう、ヒロインたちのくちびるの描写がやたら色っぽかったところ以外にこれといってこの作品に強い印象がないんだよな。

なにせ人間関係を引っ掻き回すようなトリックスター的な存在が誰一人として存在していないからである。

これはラブコメとしては致命的なのではないだろうか。

ヒロインのひとりがピエロ役をやろうとしていた痕跡はあるがイマイチパンチが弱い。

同棲をするようになったとはいえ主人公と許嫁のヒロインのあいだにも冬の日本海のような荒波がまったく存在しなかったし、そもそもこのふたりは生後まもなく取り違えられた!設定が活かされてるようなシーンがなかった。

どうせなら両家における二人を結婚させれば実の子になれる!ってアイデアももはや海野家ではそのアイデア自体に執着がなくなってきていたしな。

もっと親同士どんどん介入して引っ掻き回してきてほしかった。

二人のやりたいようにやらせればいいと放任主義を取ってるもんだから逆にダラダラしてしまったのかなぁと個人的には感じる。

途中で主人公の妹が二人の愛の巣になだれ込んできた!しかもなんと妹は主人公に恋をしていた!と言われても妹は露骨にグイグイ行くような子じゃない。

主人公の想い人には許嫁がいる!これも誰なのかをもったいぶって明かしてくれない。

主人公の許嫁の兄、宗助の正体が誰なのかも結局分からず、そもそもその話が出てきたのはアニメでは終盤になってからだから判明されずじまい。

こっちはこっちでなぜその兄が天野家から消えた存在になったのかそこからわけがわからないまま終わってしまったからなにも言えるようなことがない。

原作がまだ完結してないってこともあるんだけどなんかいまいちヒロインの魅力が伝わってこなかったんだよなあ〜、毎回ダラダラと30分がすぎていった感じ??

停電した玄関で思わず妹とキスをしてしまった!事件があったとはいえその後の関係に変化がある兆しはなかったし(多少妹が兄を強く意識するようになったはなったが)でじゃあなんのために同棲をさせているというのだ。

わかった、私が主人公と結婚します!と言い切る正ヒロインと言えるような人がだれもいないんだな、だから面白くなくなっちゃったんだ。

カノジョも彼女のような主人公がヒロイン二人と公然と二股かけて同棲生活をはじめるってはじまりの方がまだおもしろかったぞ、あちらの作品はギャグ寄りだからヒロインは総勢4人いたんだけどみんなしてどこか頭がぶっ飛んでそれが笑いになっていたしな。

どうもこの作品、アニメ化に向いていないとしか思えなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました