かげきしょうじょ!!第1話感想:今期一番期待できそう

2021年夏アニメ



かげきしょうじょ!!第1話「桜舞い散る木の下で」感想


アニメ公式サイト

かげきしょうじょ!!
TVアニメ「かげきしょうじょ!!」2021年7月より放送開始!!

第1話感想

知らない人はいない兵庫県は宝塚にある関西の大手私鉄が運営する通称「ヅカ」な超有名歌劇団、帝国華撃団宝塚歌劇団および養成機関である宝塚音楽学校をモデルにした当作品。

折りたたまれた板を広げて合格者の受験番号をお知らせする、本科生も居合わせての歌劇風の合格発表もそれなりに再現されてた。(このご時世によりここ2年はオンラインでの合格発表になってしまったが)

もっと合格した子の歓喜の動きがほしかったところではあるけどね、いや、合格発表を動画で見たけれど、受験番号がドーンと出てきた瞬間合格した人がとなり近所にいる同じ試験を受けてきた子と抱き合うのよ、掲示板の目の前にいるの、宝塚に行くと決めたときから専門のスクールに通ってOGのレッスンを受けてきた子たちだらけだからね。

そんなヅカといえばはいだしょうこも元娘役だし、あとは本当につい最近「おじさん役」を18年間ひたすら演じた元タカラジェンヌがテレビに出演して話題になってたっけね。

ヅカのエースといったらもちろん各組の男役なんだけど、逆にエースになりにきたのにエース路線から完全に外れたおじさん役をずっと演じ続けてちがう意味で有名になった人間もなかなかいない。

男役が純エースならおじさん役は離れ業のエースだ。

話をもとに戻すと、さっそく個人的夏クールナンバーワン作品になりそうな雰囲気がムンムンしてる。

とくに主役級の奈良田愛と渡辺さらさからはさっそく大物になりそうなニオイがする。

試験中に二人してさっそく他の受験生が忌避して避ける桜のジンクスを見事にはねのけて20倍以上もの競争率を突破してみせたしな。

男から逃げるためってな消極的理由で紅華に入学してみせた愛と、トップになってやる!と積極的理由で入学してきたさらさの対極性、その対極性は知人からのLINEの返答にも現れていて、なるべく手っ取り早く多くの人にメッセージを送るであろう愛と、個人LINEがくるたびに走るのをやめていちいち素直な気持ちを返答するさらさの姿に現れている。

親族以外とは人と関わりたくないからわざわざホームセンターまで出向き資材を買い、部屋にカーテンを自作するところまでやる愛と、ご近所含め、友人知人の付き合いをひとりひとり大事にしたいし、愛とも積極的に話をしたいさらさの人物像がよく出てきてた。

他にも彼女たちの周りにはフツーなんだけどかえって高評価を得たのか入学できた山田彩子、そして祖母と母の三代揃って2度目の挑戦でようやく紅華の門を開けた星野薫、あとは双子で紅華に入学した沢田姉妹や紅華オタクの杉本紗和となにやら怪しい子たちも顔合わせ。

星野薫がワンテンポ前に出てしまうのはやはりその家族環境や自身が一度不合格になってあとがなくなったこと、それ以外にも複数の理由があるからだろう。紅華もおそらくは15歳から18歳までの4回受験できるチャンスがあるんだろうけど、ギリギリってことよ。

周りに合わせてしまいテンポが遅れてしまう山田彩子には心配さも残る、確かに先輩後輩の上下関係に厳しい世界ではあるが、それでもいい役を得るためには個人で戦い抜かないといけないからな。

登場人物が早々に揃い踏みしたところでこの先も期待していいんでないかな?って思えるね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました