彼女、お借りしますSeason2 14話感想:更科瑠夏こそ優勝だろ

2022年夏アニメ



彼女、お借りします第14話感想:「いつもの彼女-オフカノ-」感想


前回の感想記事

彼女、お借りしますseason2 13話感想:舞台に人生をかけている千鶴はなんと道化役だった
彼女、お借りしますseason2第13話「「夢と彼女」-ユメカノ-」感想アニメ公式サイト第1話感想桜沢墨役の高橋李依どっから声出してるんだよ!あれ、1期目から声変わってね?ってなった。...

第14話感想

いやもうこれどう考えても更科瑠夏が優勝だろ、かりそめとはいえ彼氏が他のライバル女の夢を応援したいと言ってきたときに浮気宣言をはじめ複数の言葉で抵抗してきてもなお最終的にはその女の舞台を一緒に見に行こう(観劇デート)で許してくれてるんだから。

所詮はただのレンタル彼女である千鶴とは違い私はレンタルじゃない彼女。

そんな更科瑠夏のふところの広さがなければ和也は今回の一連のデートできなかったぞ。

千鶴のことをりちぎに瑠夏にも話してるあたり彼女として気に留めてはいるんだよな和也も。

そんな千鶴なんだけど、どうしたの、バッティングセンターでの様子が今までと全然違うんだけど?

それまでのレンタル彼女としてのビジネスデートとはまた違う、ヒラヒラミニで中が見えそうになってることをかくさずにバットを振るほんまもんのデートをしてる雰囲気が色濃く醸し出されていたんだが??

千鶴は契約時間内とそれ以外では明確に態度を分けていて、バッティングセンターは契約時間を終えた直後、オフタイムでのできごとだから演技をしていない。

つまりはあのときの千鶴は素の反応である可能性が99%。

ホームラン2本で和也にハイタッチ求めたときなんて歯を見せて笑っていたからね。

ビジネスデートの時には決して見られなかった表情だよアレ。

なに、やっぱりこないだの舞台のあとでの和也とのやりとりをきっかけについにほだされちゃった?

毎週きみをレンタルするなんてどう見てもカッコ悪い発言なんだけど、当人にとっては役者になる道の一つが断たれてあとがない状況だからそんな言葉でも実際は救いになっている、やはりそれで心動かされちゃった?

ビジネスデーでも和也は俺の前では素の自分でいてほしいと言っていた、それはつまり、俺の前では演技の練習をする必要はない、なぜならあのとき見た舞台での縁起が俺にとってはとても素晴らしいものだったからだっちゅう意思のあらわれだろう、これもやはり千鶴にとっては私の縁起が認められたとしてホームランになったんだろうな。

フツーのお隣さん同士でいましょうなんて言いつつ実際はなにか本人無自覚に特別な感情が湧き上がってきちゃってる??

あのへんで恋のホームラン打ち上げちゃってた??とともに和也もクリティカルヒットを何回か与えたことになるのか。

あと、今回はまあタイミングよく千鶴の祖母を登場させてきたね、現状だと和也は千鶴の祖母の前では彼氏であるという設定でありほんとはレンタルしてるだけっていう関係であることはバレていない(更科瑠夏も多少は絡んではいるが辻褄合わせのために頭おかしい子扱いさせられてる)。

こっちはこっちでもはや祖母による千鶴の過去語りがなされたもんで今後彼女以上の関係に進む前提で話がズンズン進んでいってるしこれ、和也と千鶴の本当の関係を知ったらそれはそれでぽっくり何か起こりそうなんだが。

バレたときのリスクはどんどん高くなっているぞ。

千鶴が演技してる理由が内向的で弱い自分を外向的な自分っちゅう別人格で隠すためってのはここだけはどうにもアイドルものの作品でも散々見てきた動機でありきたりだったけどな。

※内向的な人物が演技やアイドルの道に進む理由の9割はこれ

とはいえ、和也と千鶴の関係自体もゆっくりと進んでいってるみたいだし、更科瑠夏には申し訳ないが本当にここのふたりが彼氏彼女の関係になればリスクは0になるんだけどな。

次回の感想記事

彼女、お借りしますseason2 15話感想:麻美は気づいてしまった、部屋に女物のカバンがあることを
彼女、お借りしますseason2第15話「「再来の彼女」-サイカノ-」感想前回の感想記事第15話感想自分の部屋にさっきまでレンタルしてた彼女がくるとかもう心臓バクバクものじゃん。えつ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました