古見さんは、コミュ症です。2話感想:2人目の友だちができた!

2021年秋アニメ



魔法科高校の優等生第1話「コミュ02「幼馴染です。」/コミュ03「殺し屋じゃないです。」/コミュ04「はじめてのおつかいです。」」感想


前回の感想記事

古見さんは、コミュ症です1話感想:字のきれいな古見さんと本当にただの人なのか只野
古見さんは、コミュ症です第1話「喋りたいんです。」感想アニメ公式サイト第1話感想おっと、古賀葵さん、がんばっていた時代をポン酢で乗りきっていたときに四宮かぐや役がヒットして一躍有名になったけ...

第2話感想

ちょっと足あげるとスカートの中が見えそうなくらい短い丈の女子の制服を着てサイハイソックスを履いてな長名なじみの性別はどっちだ!

1話でもずっと思っていたんだけども、なぜか古見さんにみんな見惚れているのに遠くから見つめるだけで一度も話しかけようとしない只野となじみ以外のクラスメイト本当に何者だよ、はっきり言ってしまえばみんなして頭がおかしいんじゃないのかと思えてしまってならない。

古見さんのまわりにATフィールドを張ってるのはどちらだよ。

だからなじみの言う「古見さんは人気者だからすぐに友達ができる」は実際当たってるのよ、でもなぜかみんな近づきになろうとしないのよ。

この人たちがずっと見てるだけでなく意を決して話しかけてくれば内向的である古見さんも徐々に心を開き、只野なんていなくても友達100人作りたい計画はすぐに達成できるはずなのよ。

言っちゃ悪いが古見さんは実は顔がドブスであるとか貞子みたいな名前してるとかワキガとか口が臭いとか、行動が常に厨二病から抜け出せていない痛々しさを感じる、みたいな著しいウィークポイントがあるわけでもないぞ。

みんな古見さんは歩くリカちゃん人形やバービー人形かなんかだと思っているんだろうか。

美しすぎて美しすぎて自分が話しかけるのはあまりにも恐れ多いと思っているんだろうか。

個人的には逆にあの子と仲良くなれれば儲けもので勝ち組になれるとしか思えないし、だからあの子のコミュ症は自分が治してあげたいし魅力を引き出してあげたい!としか思えないんだけど。

まあ高校生だしみんなそんなお人好しになる余裕はないんかしらね。

っていうのが気になって気になって仕方がない。

話自体はおもしろいからそのへんの設定のおかしさはやっぱりなかったことにしておいた方がいいのかな、当作品が成立しなくなっちゃうしな。

じゃあなかったことにして、まずは只野がやけにクラスメイトから疎まれてる件だけど、だから只野を疎むくらいならあなたがたもまずは古見さんとお近づきになりなさいとしか言えない、悪い印象持っているわけではないんだからさ。

ってことでやっぱり復活してきちゃったね。

古見さんは実は男子が落としたカギに気づき拾ってあげられる健気さがあるとか、長い呪文のような某喫茶店のメニューを頑張って注文しようとしているとか、彼女の人となりを知れるチャンスだというのに、誰も彼女のことを囲ってるだけで中身を知ろうとしないんだものビックリしちゃったよ。

なじみが古見さんと友達になればあとはたちまち友達ネットワークを伝って周りのみんなも古見さんに話しかけるようになるんでないのかこれ。

だからこっちから行かなくても向こうから来てくれるようになるから、古見さんの友達100人作る夢、いきなり難易度が大幅に下がったぞ。

次回の感想記事

古見さんは、コミュ症です3話感想:神キャラ古見さんと雑魚キャラ只野くん
古見さんは、コミュ症です第3話「コミュ05「あがり症です。」コミュ06「携帯電話です。」コミュ07「委員会決めです。」コミュ08「間違い電話です。」コミュ09「齋藤さんです。」」感想前回の感想記事第...

コメント

タイトルとURLをコピーしました