古見さんは、コミュ症です。5話感想:ラーメンのことなら藤原書紀におまかせ

2021年秋アニメ



古見さんは、コミュ症です。第5話「コミュ12「夏服です。」/コミュ13「体力測定です。」/コミュ14「ヤサイニンニクアブラマシマシカラメです。」/コミュ15「血の契約です。」」感想


前回の感想記事

古見さんは、コミュ症です。4話感想:山井恋無双回
古見さんは、コミュ症です。第4話「コミュ10「身体検査です。」/コミュ11「恋です。」」感想前回の感想記事第4話感想座高検査が行われてたな、あれ結局本当になんの検査だったんだろうね、どれくら...

第5話感想

今度は某中二病でも恋がしたいの小鳥遊六花ちゃんみたいな子、中々さんが新キャラで登場してたね。

昔の只野も中二病だったしで個性的というよりやけに痛々しい言動をしているような人物が多いな、一番やばいのはやはり前回から登場してる山井さんなんだけどね、クラスメイトの男子を部屋に監禁するのはなんぼなんでも犯罪レベルだからね、そう考えると、ただの中二病の中々さんは相対的に見てまともな方だった印象だ。

そして古見さんは見た目もキレイだけど所作もキレイなのか、あんな豪快な盛り付けの二郎系を美しく召し上がる女性なんて見かけたらそら見とれてしまうわな。

でもうーん、なんだろう、しょっぱなから「永遠の17歳ですてへぺろ(>▽◎).。.:*♡」なんて初対面のクラスメイトに対して言っちゃうような気さくな母親の遺伝子を受け継いだ娘がコミュ症になるのはどう考えても無理がある気がするんだが・・・って点が気になったかな。

名前を一回だけ呼ばれた父親も弟も1シーンだけ登場してたけれど、見た目でしか判断できないがべつにコミュ症ってわけでもなさそうだしな。

でも弟をよく見るとテーブルにひじをついて、古見さんと母親の会話にも我関せずって感じだったっけね、ひとりだけこちら(古見さんと母親がいるところとは反対)の方をずっと見ていたからね。

母親まさかあの性格にして実は幼稚園の面接で先生が娘さんに対して問うた質問にも勝手に横から答えちゃうタイプ?

いやいや、どう見てもそんな教育ママには見えないよ、なぜなら開口一番「永遠の17歳です (>▽◎).。.:*♡ 」だからね。

そうなるとやはり父方が寡黙な人だらけだったりするんだろうか。

只野となじみが帰ったあと、古見さんが散らかったままの部屋をみて物思いにふけるってきれいなシーンも用意されてたね。

そうか、友達ができるのもはじめてで、だから友達を自宅に呼ぶのもはじめてだから友達が散らかした部屋を片付けたくないんだよね古見さんは。

不意にコミュニケーションに関する本を見られたりいつのまにか隠し撮りされていたりしてそれはそれで恥ずかしいことなんだけれど、それでも友達が部屋に来た証を残しておきたいんだよね。

そう考えると古見さんはやはり純な子なのがよく分かるね。

最後なに、雨が降るなか下校するときに古見さんから只野を一緒の傘に入るように誘っていたし、そのままふたりは相合い傘して帰っていったし、やけに艶やかに濡れ透けしてたしでやけにラブコメチックな展開になってたんだけど?

じつはなじみはそうなるようにわざわざ演出してた?古見さんの部屋にいたときもトイレと行って抜け出して二人の様子を観察していたからな。

次回の感想記事

古見さんは、コミュ症です。第6話感想:古見さんは実はコミュ強疑惑
古見さんは、コミュ症です。第6話「コミュ16「ギャグです。」コミュ17「買い物です。」コミュ18「美容院です。」コミュ19「モヤモヤです。」コミュ20「テスト勉強です。」コミュ21「夏休みです。」」感想前回の感想記事...

コメント

タイトルとURLをコピーしました