古見さんは、コミュ症です。第6話感想:古見さんは実はコミュ強疑惑

2021年秋アニメ



古見さんは、コミュ症です。第6話「コミュ16「ギャグです。」コミュ17「買い物です。」コミュ18「美容院です。」コミュ19「モヤモヤです。」コミュ20「テスト勉強です。」コミュ21「夏休みです。」」感想


前回の感想記事

古見さんは、コミュ症です。5話感想:ラーメンのことなら藤原書紀におまかせ
古見さんは、コミュ症です。第5話「コミュ12「夏服です。」/コミュ13「体力測定です。」/コミュ14「ヤサイニンニクアブラマシマシカラメです。」/コミュ15「血の契約です。」」感想前回の感想記事第5...

第6話感想

全6本立てでどの話もテンポよく進んでいったけれど、寒いダジャレ、私服選び~美容室、テスト勉強~夏休みに入るまでとそれぞれのエピソードがユニットになってはいたが全体的には散らばってたように感じたかな。

布団が吹っ飛んだっちゅうオジサンもいまどき言わないようなダジャレで受ける古見さんの謎ギャグセンスが気になるが、高校1年にして精神年齢は50代だった古見さんの一面が見られた。

寝る前に今日の会話の反省会をするのはわかりみがありすぎる。

個人的に好きなエピソードだったのは母親にいつも服を買ってきてもらっているという古見さんの私服選び回とそれから続けての古見さんの美容室回。

まあ古見さんが私服を親に買ってきてもらうってのは分かる、柳原可奈子がコントで扮する服屋の店員みたいな人がにじり寄って横から話しかけてきたら彼女でなくても逃げるからね。

まずはそんな古見さんの私服選び回なんだけど、古見さんの私服選びに胸元も見えてるオフショルダーのトップスとミニスカートをチョイスする山井、予算内に抑えろってルールから逸脱はしていたがとてもナイスだった(それは私の好み的な意味で)!

とはいえあの格好は露出が多くて完全に男を知ってる垢抜けた「都会のギャル」で、マネキンと間違われて買い物客からジロっと見られるのにも震えてしまう古見さんがアレ着て外を出歩くのはかなりハードルが高いんだけど、やはりこのへんはスクールカースト上位の子が選ぶ私服って感じがする。

上理の選んだ私服はそれどこの小学生の服だよってくらい問題外(○Vに出てくる小学生設定の女優かってくらい問題外)として、只野の選んだ私服は白のワンピースで確かに清楚なんだけど、完全に女性に免疫がない男性が理想とする女性のそれだったよな。

なじみの本気私服は氷室冴子著、「海がきこえる」のラストに出てくる大学生のヒロイン、武藤里伽子っぽいと思っていたが改めてそちらを視聴してみたところ完全に思い違いだったことが判明。

でも実際こういう私服の女性って小田急線に乗ってそうだよな、関西なら阪急電車沿線か京阪の守口市あたりにいそう。

古見さんの美容室は筆談できない代わりに一文字だけ発したり、雑誌のページに書かれている単語を適切に使って会話をしたりするっちゅうお前それどう考えてもコミュ症じゃないだろって高度な会話テクを交わしてたね。

むしろ感謝の言葉を(雑誌の単語を借りつつ)店員にしっかりと伝えられるっていう大人の対応ができていて上出来だった。

雁巣さんも4年間くらいしか関係を持ってないのによく「た」の一文字だけで「古見さんの高校生活は楽しいものになっている」、と思っていることが分かるな、それは入学早々古見さんの通訳係になっている只野レベルで超人だぞ。

新井さん、多分あなたに最初反応しなかったのはあなたが入りたての新人美容師で、古見さんにとっては知らない人だからだと思うよ、だからそんなに気にしなくてもいいと思うよ。

わたしも散髪屋で会話するの実はあんまり好きではないし、そういう人のほうが多いでしょうからね。

そんな古見さんのわずかな髪の長さの違いにいち早く気づいたのは只野だけ、なぜか女性陣が全く気づかない(とくにコミュ力に自信があるというなじみや山井が古見さんの違いに気づかないのにはやっぱり違和感を感じる)のに対し、只野はどう考えてもただの人じゃなかったね。

それは期末テストの点が全教科で平均点と同点を取れるのと同じくらいただの人じゃなかった。

ただの人ってことで全教科を平均点と同点の成績にしているが実際は90点以上取るよりも難しいんじゃないかなそれ。

只野は以前のエピソードにおける回想でもあったとおり元中二病でそれが原因で中学で失敗をしでかしてしまったんだっけ、だからそれを修正するためにただの人を演じようとした結果、こんどは逆に古見さんと会話できる数少ない人間をはじめとしてただの人になれなくなってしまうっちゅう作中唯一の「名前と性格が一致してない」人物になってきている気がする。

それがおもしろいところでもあるんだけどね。

ついに近日、古見さんの水着姿が見えちゃうパターンこれ!?また視聴率上がっちゃうよ!

次回の感想記事

古見さんは、コミュ症です。7話感想:プール、図書館、かき氷
古見さんは、コミュ症です。第7話「コミュ22「プールです。」/コミュ23「かき氷です。」コミュ24「図書館です。」/コミュ25「公園です。」」感想前回の感想記事第7話感想前半はプール回、とい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました