古見さんは、コミュ症です。24話感想:1年生終わり、最後は消しゴム落としバトル

アニメ感想



古見さんは、コミュ症です。第24話「コミュ75「ホワイトデーです。」コミュ76「1年間です。」」感想


前回の感想記事

古見さんは、コミュ症です。23話感想:古見さんと只野がケンカ!?その理由は…
古見さんは、コミュ症です。第23話「コミュ71「伝線です。」コミュ72「鬼に金棒です。」コミュ73「甘いです。」コミュ74「ケンカです。」」感想前回の感想記事第23話感想同級生の母親やおばあ...

第24話感想

前半は只野のホワイトデー。

まっさきに考えたのはあれ、この作品におけるバレンタインってたしか平日だったよなって点だった。

平年だと2/14と3/14は同じ曜日になるからうるう年になるはず、だとすると、2/15は土曜日だけど登校しているのか(第23話「伝線」での尾根峰さんの発言より)。

じゃあなぜに3/14は土曜なのに休みなんだ(只野の発言より)?

もしかすると古見さんの学校は第2土曜だけか第2と第4土曜が休みって学校なのかもしれないな。

私立の学校だといまでも土曜に学校があるところはあるっちゃある。

さて、只野、学校で古見さんにお返し渡そうとしたら日和ったもんだから翌日自宅に行って渡さないといけない余計にハードモードになるっちゅうところからおもしろかったよね。

クラスメイトの前でお返しするよりもよっぽどハードル高いぞ、なにせ土曜日なもんで古見家もパパンが仕事休みな日だというんだからな。

そんな古見さん、只野がくることは考えていなかったのかそれとも考えていたけれど思っていたよりも早く来てしまったのか部屋が散らかりっぱなしってのがほっこりしたけどね。

クラスの注目を集め几帳面ぽそうに見られる古見さんの素が見られる貴重な空間だからね自分の部屋は。

古見パパン、わざわざ持ってきた茶をお前がすするんかーいってなったし、古見さんの部屋は意外と家族の出入りが自由だったことも分かったし最終話にして意外な一面が見られた気がする。

只野はよそ行きの服着てたのといいアレもう完全に恋愛をゆうに通り越して結婚を認めてくれってあいさつにしか見えなかったのも高得点。

古見さんの家に行く只野を送るときのあんまり遅くならないでねって言う瞳の発言が意味深すぎた、どこまで察してるんだあの妹は。

いや、年齢的に深い意味で言ったんじゃないんだろうけれども私にとってはあの発言は古見さんの部屋でやることといえば深い関係になることを連想させるような発言にとらえてしまうのよ。

それだけ私の心が汚くなってしまったってことなんだけどさ。

後半は消しゴム落としバトルをしつつ1年間を振り返る話だったけれどなんや、クラス中で消しゴム落としバトルが白熱していたかと思えばこの梅雨の時期にふさわしいしみじみした終わり方だったじゃないの。

むしろ1年生ももうすぐ終わりになるって時にクラス中で消しゴム落としバトルが開催されたってのもしんみりきてるけどな。

なぜなら、このメンバーでイベントやって大盛り上がりできるのがもう数えるほどしかないため。

とはいえゲームをしてるときのおなじみのノリが最終話でも変わらずに炸裂してて寒さが残る雰囲気を吹き飛ばす楽しい雰囲気があらわれてたけどね。

古見さんと只野は告白するまでは至らなかったか、告白は2年になってからになるのか。

でも告白しなくても交際始まりそうなものなんだけどなここの2人は。

男女の交際って告白しないと始まらないものではないからね。

あと、あの強烈なキャラ揃いのクラスメンバーが進級とクラス替えで散り散りになるのはけっこうさみしいものがあるね。

とりわけ山井さんなんて別なクラスになったとしても休み時間になるごとにヒマさえあれば古見さんのクラスに顔出しそうだけどな。

最後に学年の終わりをしめくくるときに古見さんがか細い声ながらも自分の言葉で思いを表現して〆るのが好印象だったね。

でもなんだろう、改めて見ると多数のキャラが出てきたわりに古見さんや只野も含めて内向的な人の方が多いからそこまでキャラクターの個性にパンチが効いてなかった気もする。

MBTIって韓国でめちゃ流行っている人間の性格を16タイプに分ける診断だと「Iなんちゃら」と診断される人のことね。

内向的とは興味関心が自分の内面に向いてる人のことで引っ込み思案な人とは異なるがそれでも控えめな人の方が多い。

実際のところあのメンバーで外向的なのってなじみと山井さんと矢田野まけると中々さんとあとは何回かしか出てきてないしそれほどストーリーには関与してない成瀬くらいしかいないからね。

とりわけなじみなんてモロにENTP(外向直感思考柔軟)だもの。

井中さんはどうだろう、地方の出ってだけで内向的ではないのかも。

なので必然的に強い外向的な人(なじみや山井さん)がストーリーの大まかなところを引っ張り、その内内で内向的な人が肉付けしていくって図式が構築されてたかな。

回を重ねるごとにキャラクターがぞくぞくと増えてきた理由は友達100人作ることを目標に据えた古見さんの目的もあるが、やはり内向的な人物が多めで話の運びがすぐに限界が来てしまったからってのもあるのかなーと思える。

2年生編がどのような話運びになるのか、アニメ化されるのであれば楽しみである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました