時光代理人-LINK CLICK-1話感想:エマは家族に会えたかと思いきやえっ!?

2022年冬アニメ



時光代理人-LINK CLICK-第1話「エマ」感想


アニメ公式サイト

TVアニメ「時光代理人 -LINK CLICK-」公式サイト
TVアニメ「時光代理人 -LINK CLICK-」日本語吹替版 Blu-ray&DVD シリーズ発売中 各配信プラットフォームにて配信中

第1話感想

まずは当作品は最近伸びてきた中国生まれのアニメなので文化や風習、ストーリー展開は日本の作品とは全く異なる事をご留意いたたきたい。

あんまり中国のアニメに手を出してこなかったけれど、昨年放映された異常生物見聞録から比べるとだいぶストーリーは洗練されてきた印象。

というより、日本のアニメ、このままいくと中国に追い越されるよ、むしろ序盤だけはいいのに中盤から終盤にかけては制作者の政治的な思想が入り込んでしまい大失速するアニオリ作品はもはや追い越されてるのではなかろうか。

それにしても主人公は写真の世界に入り込める人と、写真を撮ってから12時間の光景がわかる人って組み合わせでなかなかすんごい能力の持ち主の二人だったね。

さて、本編はというとCFOの田舎蔑視の言動もさることながら、やたらと春巻きの描写が目についたが、ここらへんの描写でも日本との文化の違いが見えてくるよね。

前提として押さえておきたいのは、中国は都会と農村の貧富の差が極端であること、当然都会の方が豊かで農村は極貧っちゅう100年前の日本のような図式。

だから地方の若者が働き口を求めるには都会に出てくるしかないんだけど、そこで都会で財を成している人物から差別扱いを受ける、特に女性であれば俺が使ってやってるんだから当然だすとばかりに夜のご奉仕も求められるってのは中国ではよくある話なのかしらね。

故郷でいつも作ってくれる春巻きの味を恋しがるエマと、慣れない都会暮らしをしてる娘がなにかと心配で、SNSの春巻きの写真を見て電話をしたり、料理や身の回りのものを持ってこっそりと訪れる両親っちゅう図式が感慨深かったなあ。

ちなみに、春巻きは中国では春節(旧正月)の前日のようなお祝い事があると出される料理なので、これもなおさらに故郷を思う一因になっているのかしらね。

出前の春巻きには虫が付着していたしな、中国はぶっちゃけた話、飲食店の衛生状態なんてお構いなしってやつだ、やはりこれも…

子を思う親の気持ち、ここだけはお国は違えど万国共通なのが分かっただけでもうれしいよ。

ラストは無事にエマは両親に会えたかと思いきやええっ!?ってなる展開だったが、あの駅でぶつかってフードかぶった男性に駅まで送ってもらう殺されちゃったりしたのかしらやはり。

だとしたらなにやら急いでいる光景を見た右も左も分からない田舎娘は簡単に騙されやすいと知ってての男の凶行だったんだろう、か弱い乙女に危害を加える男は絶対に許せないけどね。

次回の感想記事

時光代理人-LINK CLICK-2話感想:学生時代にラーメン屋の起業は日本では描けない
時光代理人-LINK CLICK-第2話「ホワイトデーに期待していた会社の同期…」感想前回の感想記事第2話感想依頼者の夏はラーメン屋を経営していて、親友で共同経営者の林貞が辞めることを表明し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました