ルパン三世PART6 21話感想:橋が直るまでの3日間のお話

2022年冬アニメ



ルパン三世PART6第21話「うたかたの島へようこそ」感想


前回の感想記事

ルパン三世PART6 20話感想:アメリアと不二子によるグレイソンへの復讐
ルパン三世PART6第20話「二人の悪女」感想前回の感想記事第20話感想またゲスト脚本家による1話完結ものが挿入された、こっちはトモエが誰なのか気になって仕方がないんだよ、話の腰を折るなよっ...

第21話感想

(着衣)ルパンダイブ、札束だらけのフィアットの車内と往年の名シーンのセルフパロディもあった今回。

跳ね橋のある運河の橋が渡れなくなってしまったことで突然思いがけずに降って湧いてきたルパンたちの休日をゲストキャラの少女、ムルー視点で描いたエピソード。

一人の女性に恋焦がれる複数の男性ってシチュエーション、ムルーの妄想のレベルがわりかし常識的でホッとしてる一面もある、もしこれで荒ぶってしまってBL方向の話運びをしようもんならルパンらしさが全く消え去ってしまい右上の「×」をクリックするところだったからね。

まあ、次元はニヒルなピアニストで五エ門は天文学を学ぶ苦学生って設定はそれこそルパンをずっと見てきたような常人にはできない妄想だけどな。

小説読んでるだけで苦学生かよ五エ門…

ルパンはサル顔って理由で特に掘り下げもなされずにサル顔呼ばわりされていたのはクスッときた。

少女に愛について説くのは当然ルパンだよね、不二子との関係は依然として謎だけどな!

愛とは何か、ひと目見ただけで喜怒哀楽いろんな衝動が湧き上がり欲しくて欲しくてたまらなくなる様ではなかろうか、もしくは自分の全てというよりも自分の心臓をささげてもいいような人物との出会い、それが間と思う。

悪い輩も出てこない、起伏に富ん出るわけでもない、仕事がない日はみな退屈そうにしている、そんな日常じみた話だったけれどこれはこれでいいんじゃないかな。

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました