リコリス・リコイル11話感想:DAを壊滅させたところで千束と真島の最終決戦!

2022年夏アニメ



リコリス・リコイル第11話「Diamond cut diamond」感想


前回の感想記事

リコリス・リコイル10話感想:想定通り、千束が戦場にかり出されそうになる
リコリス・リコイル10話「Repay evil with evil」感想前回の感想記事第10話感想真島が首謀した一連のテロ事件からみでたきながDAに復帰し彼の拘束あるいは射殺に向けて一斉に動...

第11話感想

井ノ上たきなはDAの一員として延空木での真島強襲作戦に参加、この作戦には上層部からの命令で千束も参加することになっているが楠木から彼女と連絡がつかないことを知ったたきなは急いで喫茶リコリコへと戻ると中には誰もいなく、2台のスマホだけが置かれていた。

その千束とミカは縛られている吉松の動画を見せられロボ太に脅迫されスマホをおいて旧電波塔にとらえられている吉松の救出へと向かっていた。

真島は延空木の電波をジャックして街頭ビジョンを使い世間には知られず極秘裏に動いているDAやリコリスの存在を白日のもとにさらしていく。

その後たきなは再びDAに合流しミッションに参加したがクルミとからの連絡を受け千束を救うために再び彼女の元へと向かった。

一方で、飛行機で海外に飛ぼうとしていたクルミとミズキはギリギリまでコンピューターで調べていたところある事実を知り急いで帰ってきた…それは千束にはもうひとつ、アラン機関が開発しいまは吉松が持ち出している改良型の人工心臓が用意されていたことだった(ただし千束の周辺でこのことを知ってるのはクルミと連絡を受けたたきなだけ)

エコノミークラスにいるミズキに落ち合うために本来はいてはいけない駐機場にクルミがいるのは目をつぶっておこう。

あと、破壊されて保存されてる旧電波塔の電力がなぜかいまも供給されているのも目をつぶっておこう。

ってことでおおおおおおっっっっっ、千束のもう一つの改良型の人工心臓の話きたきたきたきたきたああああああっっっっ!!!

これで余命二ヶ月の千束の寿命が延びる!延びるぞ!!

ただし現状本人はこの事実を知るよしもなく、知ってるのは所持してる吉松とチートでハッキングしたクルミ…とクルミから連絡を受けたたきなだけ。

そしてなんの因果か千束&たきなと真島の決戦の地が10年前に起きた因縁の旧電波塔であるってのも感慨深いな。

真島も吉松が千束に装着させる新しい人工心臓を開発した事実を知って彼を拉致、人質にとり千束と手を組んでアラン機関を壊滅させたあとにともに人を殺させようとしているってところか。

DAは潰せたし残りはあれこれと多方面から支援してるアラン機関を潰せば目的は達成、自由に動けるといった感じかな。

電波塔での千束はやはりゴム弾を使って殺傷だけは回避してるよね。

千束が不利になったところに最後にシャッターをぶち破りたきなが千束の救出に来たところなんて盛り上がったよねー。

もはや最初に懇願してたDA復帰よりも千束の命を優先してるたきな、ここでミッション遂行を放棄してDAへの本格的復帰が二度となくなることもいとわないたきな。

そんなDAももはや壊滅状態になってしまったけどな。

どれだけたきなはENFPの千束に心動かされてたというんだよ、ほとんど表情を変えないたきなだったが、喫茶リコリスでの千束との出会いは短い期間だったにせよ相当に楽しいものだったらしい。

まさかDAよりもたきなを優先するまでになるとはね。

それくらいENFPは非常にエネルギッシュなタイプであり、周囲を明るくさせる謎の魅力があるってことになる。

そして、こんなSi(内向的感覚)持ちがいるかよって思ったわ。

(某所ではたきなの16タイプがISTJかINTJかで割れてるが、Siは組織から与えられたミッションに忠実に動き、Niは頭の中で思い描いてる自身のビジョンや目標、未来に向けて動く傾向がある)

あとはどっちが早いかの勝負になるのかな、真島をやっつけるのが先か、今装着されてる千束の人工心臓のバッテリーが切れるのが先か。

ここまできてしまうと、吉松の命を失ったうえに後者が先に起きてしまうフラグしか立ってない気がするんだよな〜。

となると、DAの作戦は成功に終わるがその一方で千束の命も失い、彼女が抱いていた誰も殺させない、命を助けたいって使命はたきなが受け継ぐっていうハッピーエンドではなくビターエンドが確実かなあ。

安直にハッピーエンドにはしないはず、となると最初はDA復帰を強く懇願して直談判までしてたたきなが千束と関わりを持つことで自分を変えていき、彼女の死を間近で見ることで遺志を継ぐっちゅう心の成長を描くって感じの終わり方が見えてきた気がする。

次回の感想記事

リコリス・リコイル12話感想:真島は最後まで狡猾できつい選択を千束に迫らせた
リコリス・リコイル第12話「Nature versus nurture」感想前回の感想記事第12話感想真島との戦いに苦戦する千束であったが間一髪のところで延空木のミッションから抜け出してたき...

コメント

タイトルとURLをコピーしました