継母の連れ子が元カノだった4話感想:南暁月にふたりのラブラブを見せつけよ

2022年夏アニメ



継母の連れ子が元カノだった第4話「そういうのじゃない」感想


前回の感想記事

継母の連れ子が元カノだった3話感想:だれもかれもヤバいやつだらけ
継母の連れ子が元カノだった第3話「ホワイトデーに期待していた会社の同期…」感想前回の感想記事第3話感想つい先日他作品を視聴しているときに流れたAbemaのCMでいまさらはじめて知った、この二...

第4話感想

お互いの下着を失敬した結女と水斗は両者ペナルティーを一つ与えられ、先に水斗がそれを行使して結女と水族館デートへ。

その目的は例の結女を義妹にしたいから水斗と結婚したいと言い出すヤンデレメンヘラ南暁月にあきらめさせるためでもあった。

という建前があるとはいえ、中のいいおとしごろのきょうだいでも二人で遊びに行くなんてしないと思うんだよなあ、ましてや「デート」って特別な関係を望む人間じゃないと行かないよ、ねえ結女さん。

まあ私も初デートは水族館だったっけね、お相手の女性とは関係が発展しなかったけれど。

そして、この作品で京都に水族館があることを知った。(梅小路京都西駅から歩いて5分、梅小路公園内にある京都水族館ってところ、それにしても大人2000円って入館料高いな、瑠璃光院の拝観料と同じじゃないか)

とともに、なぜに井ノ上たきなの「さかなー」ポーズで有名なリコリス・リコイルと同じタイミングで水族館デートが重なるのがこの作品なのかという衝撃もある。

もはやこの二人、南暁月に見せつけるって裏の目的があるとは言え手をつないだり互いを褒め合ったりアツアツのカップルみたいなデートをしてたよね。

水族館は暗いから自然と二人の距離が近くなるって心理的効果を利用したかな。

泳ぐ魚のCGにおカネかかっていてそれどころの話じゃなかったけどな!

なんっで、SPY×FAMILYよりもリコリス・リコイルよりもがまがま水族館よりも魚の描写がそれらしいんだよ、おカネの使いどころ大間違いしてませんでしょうか。

そら結女も見惚れるわな。

それにしてもなんで私たち視聴者はおカネかかったイワシの群れをこの作品で見ることになるんだよ・・・1話かぎりの水族館の描写に他の作品よりも力入れるとか連れカノ半端ないってもぉー!。

おかげで結女たちの人間模様が頭に入らなかったよ。

もっというと、チンアナゴ~がやけに流行ってるのこれも何よ、一週間足らずで二度チンアナゴを見ることって多分もうないぞ。

しかもこの作品の場合、チンアナゴの姿でビブリオバトル(挙げた小説を論評するバトル)の様子を描いてくれるという演出まで見せてくれていたしな。

この二人、頭いい高校に通ってるから(モデルは京都で一番頭がいい洛南高校、地元埼玉でいう大宮高校レベル)ビブリオバトルも簡単にできてしまうんだよな。

祇園祭の描写もであいもん以来だから三ヶ月経過していないのか。

でも結局デートをしたところで南暁月にこれみよがしにラブラブっぷりを見せつける本来の目的は達成されたし、今まで通りの付かず離れずの関係にとどめるのがこの作品なのかな。

次回の感想記事

継母の連れ子が元カノだった5話感想:電車で壁ドン、隣の部屋の会話が筒抜け
継母の連れ子が元カノだった第5話「元カップルはお泊まりする「どういたしまして」」感想前回の感想記事第5話感想水斗と結女が母親に母の日プレゼントを購入し渡すしたのち、両親の水入らずにふたりが友...

コメント

タイトルとURLをコピーしました