モブサイコ100Ⅲ2話感想:デビルハンターの次は妖怪ハンター

2022年秋アニメ



モブサイコ100Ⅲ第2話「妖怪ハンター・天草晴明登場!~百鬼の脅威!!~」感想


前回の感想記事

モブサイコ100Ⅲ1話感想:多感な時期のモブは進路に悩む、依頼主のオッサンはもはやクズ
モブサイコ100Ⅲ第1話「将来~進路希望~」感想アニメ公式サイト第1話感想街の真ん中に大きなブロッコリーと呼ぶ大樹がそびえる調味市、進路に悩む主人公のモブは霊能力の師匠、霊幻からバイト先の事...

第2話感想

2週間後に控えたモブの中学の文化祭を前に霊とか相談所に天草晴明なる男が来訪し報酬100万円で妖怪大王の復活を画策する妖怪、「黒き軍勢」の退治を依頼され霊幻は悲しみの連鎖を断ち切るために引き受けた。

天草に案内されたビルは一度モブたちが除霊をしたことがあるビルであったが以前とは様子が変わっていただけでなく戻れなくなってしまっていた、百鬼を退け四天魔王や妖怪魔王が出現するなか3人は無事に退治。

妖怪ハンターにスカウトされたが夜間中学の進学と文化祭の準備で全員断った。

一方で芹沢は夜間の中学に進学することにした。

クラスメイトにゃお化け屋敷でお化けにはシーツをかぶってもらおうなんて衣装作りを楽しようとしてる不届き者がいたな。

暗闇に白いシーツじゃこわくもなんともないよ、しかもいまどきはそんなあからさまに手を抜いたのではなくじっくりと人間の心理も読んで作り込んだ本格的なモノにしないと誰も話題にしないしそもそも立ち寄らないしな。

天草晴明なんて男、見た目が古代日本のシャーマンみたいな格好していかにも金なさそうなのによく100万も破格の報酬をポンと出せたな、ホームページがどっかの20年前のビルダーで作ったやつかよっちゅう阿部寛もびっくりのデザインからリニューアルできない霊幻にとっちゃもはやカモがねぎしょってやってきたってパターンか?

厨二病みたいな呼び方してるもんだからてっきり部屋にGが出てきてこわいからいますぐ退治してってどこかの彼氏に電話する女みたいな話をおもしろおかしく言ってたんじゃなかったんだ。

本当に退治してほしいのは妖怪だったんだ。

ちょっと待って、私はつい最近、デビルハンターって単語を聞いたぞ、デビルハンターの次は妖怪ハンターときたか、ただ、この2つのどこがちがうのかさっぱり分からない!!

たぶん西洋のバケモノと東洋のバケモノって違いでしかないと思う。

これが霊幻の仕事か、本人は何もしてなくても芹沢とモブが仕事してるから仕事してるふうに見えててそりゃ詐欺もやめられないわな。

それよりなにより、目の前に百鬼四天王や妖怪大王なる存在がいるのにひとりだけぶつくさ文化祭のことをずっと考えて今回の一件を衣装作りやお化けのヒントにしていくモブがなかなかにいいおもしろ展開を作り上げていたね。

百鬼四天王や妖怪大王なんて名前を聞いてもなお頭のなかは文化祭だぜ、逆にいうと妖怪大王や百鬼四天王なんて例の怪しい風貌をした男が勝手にそのように言ってただけで実際はモブたちの誰もがやられてなかったしあっさりと退治されたのを見るにまるで妖怪大王とは違うよわっちい存在にすぎなかったのかもしれないな。

妖怪の側が自分は妖怪大王だ、百鬼四天王だと名乗っていただけって線もありうる。

しかしそのビル、一度ならぬ二度も妖怪の巣窟になっていたのか、もしかしなくても、所有者は誰か知らないがお祓いしてはやく取り壊した方がいいのではないか??

たぶん霊道になってしまっているか、犬じゃないけどマーキングされてるぞそこ。

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました