モブサイコ100Ⅲ6話感想:最後は友情からのブロッコリーが空高く飛んでいくラピュタエンド

2022年秋アニメ



モブサイコ100Ⅲ第6話「神樹③~エクボは~」感想


前回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

第6話感想

街でまたたくまに広まったサイコヘルメット教、街にそびえるブロッコリーにおいて人々を洗脳させてまで信者にさせていたのはなんとモブの近くにいたエクボだった。

だがエクボはなかなかモブの前に現れようとはせず現れた姿は全身金ピカの神エクボだった。

自分の洗脳に全くなびかないモブに真っ向対立するエクボであったが、モブは自分がモテ期がきたことに浮かれエクボの話にまったく耳を貸さなかったことがそもそもの原因だったと詫び、教祖オーディションに勧誘してくれたことを感謝したことでふたりはようやく和解、エクボは人々を洗脳や偽サイコヘルメットから解放させることを誓った。

だがモブは力を使い果たしたうえ、ブロッコリーから出ようとしたところでブロッコリーが暴走、エクボは持てる力を注ぎ込みその暴走を阻止し、空高く飛び上がっていったブロッコリーとともに消息を絶った。

前回も言ったかな、神=金ピカはやっぱりあの作品の名前をうかつに出せない唯一神のアイツの影響だろうか、明らかにあの頭に手足体が生えたような見た目だったしな。

おおおお、モブがエクボにあのとき僕にモテ期が到来したと思い込みずっと浮かれてたからお前のことを見ていなかったのが悪い、とあの時の非礼を詫びほんまもんの友情を結んでこのサイコヘルメット教の一連の洗脳騒ぎを終結させる、そういう決着の付け方になったのか!

痴話喧嘩からこんな大事になっていったのか…

非モテにとって女の子と会話するって一大イベントだからね、しかも複数人の女の子からとなったらそれはそれは一大事、まわりがなにも見えなくなる気持ちもわかるのよ。

そういや3話のときにモブは女の子からチヤホヤされていることに気を良くしてケツアゴ姿になってエクボの言ってることに聞き耳持たずたまに発言しては否定してばっかりいたな、エクボはサイコヘルメット教の再興はもっと前から考えていたみたいだけど、人々を洗脳させてまで自分に注目を集めたいと着想を得たのはこのタイミングか!

つまりはエクボの強すぎる野望とその後ろについて回る承認欲求が生んだ一連の事件だった。

エクボの力説が強いあたり本当に注目を浴びたかったんだな…

モブの着てるシャツがクソダサいとエクボがけなしたところから話が動いていくとかこのふたりいい関係じゃないか。

服のセンスはなんぼ近しい友人でもなかなか指摘しづらい点だからな、せいぜいドン引きしてその後の言葉に詰まり、その後遊びに誘われなくなるっちゅう非言語コミュニケーションでしか伝えられるメッセージはない。

和解してからエクボが力尽きたモブをおぶり暴走したブロッコリーこと神樹に立ち向かっていく熱い友情を見せるシーンなんか涙なしでは見られないよな。

再確認した友情を映像で見せるための舞台装置的な役割を果たす展開とはいえ。

ラストにブロッコリーが空高く飛んでいくシーン、絶対にあの某有名監督作品のエンディングを意識したろ、あと、大樹のなかから大量のまっくろくろすけみたいなのが出てくるのも同じ監督が手がけた作品みたいだった(そっちではなくどちらかというとあっち)

次回の感想記事

モブサイコ100Ⅲ7話感想:冬休み、みなトメさんの夢を叶えるまでに動き出す
モブサイコ100Ⅲ7話感想:第7話「通信中①~冬休み~」感想前回の感想記事第5話感想エクボが姿を見せなくなってから一ヶ月、中学卒業が間近に迫ってしまった暗田トメは冬休みに入るのを機にテレパシ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました