モブサイコⅢ8話感想:トメさんたちは念願の宇宙人に会えたぞ!!

2022年秋アニメ



モブサイコⅢ第8話「通信中②~未知との遭遇~」感想


前回の感想記事

モブサイコ100Ⅲ7話感想:冬休み、みなトメさんの夢を叶えるまでに動き出す
モブサイコ100Ⅲ7話感想:第7話「通信中①~冬休み~」感想前回の感想記事第5話感想エクボが姿を見せなくなってから一ヶ月、中学卒業が間近に迫ってしまった暗田トメは冬休みに入るのを機にテレパシ...

第8話感想

大晦日の夕方、霊幻の運転するクルマで道に迷いそうになりながらも泥船山の頂上に登ったトメら脳感霊波部はみな空に向けてテレパシーを送るも空からは一向に反応がない、儀式の方法に間違いはないのかと焦り出し半ばあきらめかけていたそのとき、頭上から眩い光が一行を照らしなんとUFOがあらわれ宇宙空間で年をまたいでひとときの交流を楽しんだ。

おおおおお、トメさんたちまさかの宇宙人に会えちゃった!

厨二病患ってるめちゃくちゃ痛々しい女子中学生の妄想というか願望がなんと現実になった!

宇宙人なんてやっぱり目撃談が一人歩きしてただけで本当はいなかったっちゅう現実的なお話になるのかと思ったけれど、トメさんもそんなことを考えていたけれど宇宙のどこかには宇宙人がいて彼らも別な星の宇宙人(地球の人類もそのひとつ)と交信をしようとしていたってなかなかにロマンを感じさせてくれてたよね。

なんや、宇宙人に出会えるまでは道に迷いそうになったり宇宙人を呼び出す儀式がどうとか山登りがどうとか本気かどうかとか部長とその他部員とでなにやらギスギスした雰囲気すら出てたのに、トメさんが変なことを言い出したのが悪いみたいな雰囲気まで醸し出していたのに、宇宙人が降臨したもんだから終わりよければなんちゃらみたいな展開になってた。

山の中で遭難したら無理に下りないってのはこれ鉄則な、逆に登って稜線を目指した方がいい、そうすると登山道が見つかる可能性が高くなるとされている。

年をまたいでの宇宙人との心優しい交流が行われていたじゃないか、これは貴重な体験すぎるからアダムスキー氏や矢追純一氏もインタビューしておいた方がいいよ。

竹中とかいう男もこの部活つまんねえっていち早く脳感霊波部を退部したのに残る部員が宇宙人に本気になってるのを見てすっかり心変わりしていたな。

UFOのなかは手術台みたいなのがあって人体実験する…ってな雰囲気でもなかった、とにかくピンク色の宇宙人が数体いて、ひたすらにあたたかい終わりかただった。

宇宙人の容姿がポプ子(ポプテピピック)みたいなのはこの際置いておこう。

なぜか宇宙人との交流がトランプや飲み物っちゅうウソやろって中身だったけどこれも気にしないでおこう、宇宙人がトランプ遊びかよ、なんかしょぼいな。

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました