PUI PUI モルカーDRIVING SCHOOL2話感想:この教習所はちょっとした軍隊だった!!

2022年秋アニメ



PUI PUI モルカーDRIVING SCHOOL第2話「白塗りモルカーの逆襲」感想


前回の感想記事

PUI PUI モルカー DRIVING SCHOOL1話感想:1話目からまあぶっ飛んだ展開!
PUI PUI モルカー DRIVING SCHOOL第1話「ビル倒しちゃった!」感想アニメ公式サイト第1話感想帰ってきたモルカー。朝7時から放映されることを忘れかけていたモルカー。...

第2話感想

連行された教習所にて遊び回るポテトたち6匹は教官にきつく怒られ身体の装飾を剥がされ色も白く塗り替えられてしまったが逆襲されてしまいもとに戻された。

しょっぱなからさっそくコースに出ると遊び回り植えられてる人参を食っちゃうフリーダムな6匹かわいいからぜひ見てみてほしい。

教官はハートマン軍曹かもしくは昭和の生徒指導の先生みたいな厳格な人物だった。

髪の長さや色、制服の着方、果ては下着の色まで指定される中学生みたいな・・・

もうトップダウンの軍隊みたいな指導は時代遅れだぜベイベーみたいなお話。

「きれいにならぶ」には昨今のソーシャルディスタンス批判も入ってくるかな。

あれを2年間クソマジメにやっちゃう日本人もどうかしてるけどね。

日本人は勤勉、あれは確実にウソ、ただ時代や情勢の変化に臨機応変に対応できず人海戦術でどうにかしようとしているだけ(なので大学を出ようが代替可能になりおのずと賃金も安くなる)。

とはいえこれ、実際ポテトたちの身体を白くしたものをフェルトを用意して作ってはみたものの窓ガラスの色だけじゃ誰が誰だか分からなくなってしまいやっぱりもとに戻すことにしたパターンかな。

ローズは身体の色はそのままみたいだけどね、耳の装飾が外されているだけ(頭に教習所の共通パーツが全員に取り付けられているのはおいといて)。

ここには人々の個性を奪ういわゆる量産型日本人への批判も入ってくるかな、もはや現代は組織の時代じゃないよっていう。

6匹はおろか3匹の職員モルカーも壁になっていっしょに迫ってきたってことはこの教習所は相当ブラックな労働環境だと思われる、しかもだいたいこのハートマン軍曹がブラックにさせている。

次回の感想記事

PUI PUI モルカー DRIVING SCHOOL3話感想:鬼教官は何をモルカーたちに食べさせていた!?
PUI PUI モルカー DRIVING SCHOOL第3話「食欲は正直」感想前回の感想記事第3話感想飼い主も加わり鬼教官による指導を受けるポテトらモルカーたち。そこには新人モルカー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました