もういっぽん!1話感想:柔道をやめる!けど一本の快感に再び目覚める園田未知

2023年冬アニメ



もういっぽん!1話感想:第1話「いっぽん!」感想


アニメ公式サイト

TVアニメ「もういっぽん!」公式サイト
『週刊少年チャンピオン』にて大人気連載中!かわいくアツい、柔道ガールズ・ダイアリーがTVアニメ化決定!

第1話感想

中学生でもって柔道を引退することを決めていた主人公、園田未知は最後の試合にて一本を決めるつもりでいたが大会にて対戦した相手が強く寝技を決められて一本負けしてしまったうえその様子が誰かにより動画投稿されてしまっていた。

その後柔道を引退した彼女は青葉西高校に進学、部活に入らず青春を満喫する予定だったが同じ中学だった剣道部の子から剣道に誘われただけでなくなんと先の大会で敗北を喫した相手の子とも再会を果たす。

その子は柔道部に入る予定だったが部員がいないため休止状態になっていて武道場の畳が取り外されそうになっていた、奇しくも未知は柔道部と剣道部で取り合いとなってしまい乱取りとなり制服姿で見事に大会での対戦相手の相手の子を投げ飛ばし一本を決めて見せた。

それをみていた親友の滝川早苗に未知は再度の柔道部入部を勧められた。

はて、オリンピックもないこんな中途半端な時期に女の子の柔道もの??

見てみたけれどこれは寒い冬の日を熱くしてくれそうなスポーツ少女ものになりそうな雰囲気だったね。

とりわけマジメな柔道描写と中学生〜高校生らしいギャグ混じりの日常描写のバランスがよかった。

大会にて先に技ありを一つもらっていたが残り10秒で投げを踏ん張られからの逆転一本負けを喫する早苗のぎりぎりの攻防からの悔しそうな表情、未知の対戦相手からの豪快な投げ飛ばされからの鼻血と鼻づまり声とこれまた柔道描写が爽快だったなあ。

袖釣り込み腰だの大腰だのなんだのいう技名連呼はちょっとおもしろかった。

スパッツの上から制服のスカートをはくのも現代的。

部員がいなくなり廃部になりかけの部をかつて対戦相手だった子と再興するって導入はめちゃくちゃベタだったけどずっと柔道に打ち込んできた少女が辞めたくなった理由が垢抜けて恋をしてみたいからってのがやけに生々しかった、実際は実力が伸び悩んできたからってのもあるんだろうけれども。

そもそも非の打ちどころのない柔道エリート(○AWARAちゃんみたいな子ね)ってわけではなくごくごくフツーの実力の少女だったし、それでも登場人物みんな柔道一筋なのがわかるくらいには垢抜けてない、芋っぽい子だらけだったしでこの作品は今後伸びそう。

なによりも主人公はとくに才女ではないってのが等身大の自分を見ているかのようだったわ…

なので展開としては少女たちの群像劇になっていくのかなこれは。

身のこなしは軽くても寝技に大いに弱点があるってのも試合を通して描写されていたしな。

投げで爽快な一本は好きでも抑え込み規定時間(たしか30秒くらいあったよね?→つい最近20秒に改定された)で一本は絵面が地味だからお好きではないってことか。

これ、主人公の子もそうだけど対戦相手だった子もめちゃくちゃ勉強したに違いないと思うんだ。

偏差値わからんような子がなぜに青葉西なる公立の上位校にいけたのかは謎だがぎりぎりまで寝たいって理由でそこに進学できるなら大したもんだわ。

なにもしたくないから努力するってなかなかできるもんじゃないけれどどうもなんらかの補正がかかったらしい、そこは気にしないでおこう。

高校は共学みたいだけどいまんところ名前がある男子はこれといって出てきていないが女子女子してる作品ではないよね??

次回の感想記事

もういっぽん!2話感想:親から先に反対されてしまった早苗は柔道部に入部できるのか!?
もういっぽん!第2話「結成!復活!再始動!」感想前回の感想記事第2話感想未知の友人の早苗は母親より柔道やるのは中学までときつくクギをさされてしまっていた、そのため柔道部の復活に燃えてる未知に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました