無職転生第2話感想:前世の男はエグいいじめにあっていた

アニメ感想



第2話感想

今回は主人公ルーデウスが魔法の師匠であるロキシーから1年半ほど学び、弟子が師匠を追い抜いたあたりで卒業試験を受けロキシーとの別れの時を迎えることになったエピソード。

ルーデウスが卒業試験をクリアーするには前世のトラウマを乗り越えなければならなかった、その前世の男のトラウマとは高校?時代に自宅前に集まった同級生から「包茎」と合唱されたり校門に全裸でキリストの如く磔にされたりされたことや、やはり放課後に全裸にさせられ写メを撮られまくったこと、それから月日が経ち、両親の葬儀の日にも参列しなかったことでその日のうちにバットを持った兄から勘当されパソコンのモニターも壊されて無一文で部屋着のまま家を追い出されたことであった。

開幕からロキシーがルーデウスの両親の行為の時の声を盗み聞きしてジイ行為してるシーンがあったけれどそう言う作品でも見てたんかな原作者は、ココちゃんを喘がせるアニメだったか、そのシーンは後々何もスパイスとして機能しなかったけれど、ルーデウスが修業中にロキシーのジイ行為を思い浮かべてることもあるんだろ疎い考えるだけでもなかなかに気持ち悪いなこれな。

1話では端折られていた前世の男のことがさらに掘り下げられた、なるほど、同級生から包茎包茎呼ばれていじめを受けていたことや、全裸で磔にされていたこと、あとはやはり全裸で写メ撮られまくった点は分かるが、20年間引きこもり続けてたけれど両親が死んでしまったことで昔からなにかと鬱憤が溜まりカに溜まっていたであろう兄から家を追い出されたこともトラウマだったのか。

みっともない体した男が全裸で校門にイエスキリストの如く磔にされて写メ撮られるいじめはさすがにエグくて、外出恐怖症に陥ったから引きこもりになっているってな理由づけもなされてたしな、リゼロの主人公、スバルの引きこもりよりも重かった。

たしかに金もなく職歴もない無精髭も生やしたきったない風貌した男がゴミだらけの汚くて暗い部屋でジイ行為中に部屋に入られて、雨の天気のなかいきなり無一文で家を追い出され本人にとっては何があるのかわからん恐怖の世界で強制的に生きることになるのはそれはそれでクるものはあったが、今は引きこもりライフをそれなりに満喫しててもいずれは嫌でも働くことになることは想定していなかったのか、両親は次男の引きこもりについてどう思っていたのかなどなど気になることはたくさんある。

同系統の作品の大半は転生の仕方にもよるが前世をまったく描かずに異世界転生要素が全くなくなってしまう普通のファンタジーものになってしまうなかで前世をこれから生きる上で乗り越えるべき関門として据えてきたのは好印象。

ファンタジーの世界は引きこもりイコール即死だからね、引きこもっててもなんとか飯だけはありつけて命がもつのは現世くらいなもんだよ、そういう意味ではさっさとトラウマを乗り越えて生きる覚悟を植え付ける必要があった。

しかしトラックにはねられなかった場合、この前世の男はどう生きるつもりだったんだろう、金もないし保証人もいない、会話を長いことしてないからうまく言葉が出てこない、やはり行き着く先は山谷か釜ヶ崎だろうけれど、今度は忍耐力がないから日雇いの仕事すらこなせなさそう。

転生後の世界は15歳で成年、前世の男は成年を引きこもりで過ごし、それから事故死するまで床ドンで両親を動かす引きこもりの日々を送っているってのも違う意味で泣けてくる、なぜなら私の周りにいた不登校だった人間、みんななんだかんだで成人後はごくごく普通に働いてるから。

しかしなんだろう、前世でずっと引きこもってた男が転生したらいきなりこの世界で本気で生きるとマインドチェンジできるなんてもはやそれは超人なんだけど、それを前世でできたら…と思わなくはないな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました