無職転生第8話感想:ルディは宮村にはなれなかった

2021年秋アニメ



今回はルディが10歳の誕生日を迎え特別な日になったとともにシルフィらグレイラット家の現状や村の外では魔物の出現が多くなったこと、そして王国の方向に怪しい雲がたちこめるようになったとともにこのあと戦うことになるであろう敵勢力が出現したエピソード。

23分のうち前半半分が剣術をあっというまに会得しているエリスにはじまりルディの10歳の誕生祝いの礼とルディとエリスの初夜の話だった、やたら生々しい描写だったが、ルディはエリスの肌着姿を目にできてどこかを触ることができたものの宮村(「ホリミヤ」第7話の後半部分)にはなれなかった、ホリミヤ原作によるとあのとき宮村は堀さんの中に☓☓ししちゃったらしい。

ルディは中の人が童貞ピザ引きこもりでエロゲーをプレイしながら右手を前後に動かすオッサンな反面、さすがにエリスの心の準備が足りていなかったみたいだ、さすがに12歳で初体験は早くないかと思うんだが、中世の時代はそんな若い年齢でもすることはしてしまうんだろう。

あと、好きな人のうなじに歯型をつけるのはやっぱり堀さんだけだってことだな、とともに5年後にエリスは初体験をルディに捧げることが確定したらしい。

後半はグレイラット家の現状とともに4勢力のお披露目があった、それはツダケンボイスの「龍神オルステッド」、えんどろ~!の魔王のように高笑いの後せきこんでしまう井口裕香ボイスの「魔界大帝キシリカキシリス」なる幼女、浮遊大陸にて住まう「甲竜王ペルギウス」とルディやギレーヌたちと対峙したペルギウスの配下、「光輝のアルマンフィ」。

お披露目ってことでまだ動き出してはいないけれどどういうふうに対峙することになるんだろうか。

ここからが話の転換点になる、その溜め回だったみたいだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました