無職転生18話感想:一方その頃、ロキシーは

2021年秋アニメ



無職転生第18話「それぞれの旅」感想


前回の感想記事

無職転生17話感想:親子げんかをなかったことにして感動の再会
無職転生第17話「再会」感想前回の感想記事第17話感想やっぱりギースお前パウロの仲間だったじゃないかよ!しかも特に仲間割れしたわけでもなくいまでもパウロの仲間のままっていうんだから。...

第18話感想

さすがに2年前にルディたちが訪れてきたっていう情報からルディたちを見つけ出すのはかなり困難な気もするが…

すでにルディたちは魔大陸から離れ、大森林がある大陸をひとつ経由して中央大陸に移動する船でかつての洞爺丸台風の時の青函航路か、あるいは日本の南の海上から大陸に渡ろうとしてる遣唐使船の乗員みたいなことになってるからな。

魔大陸の北西とか中央大陸とかなんの情報なしに言ってくるもんだから個人的には地図がこの辺で欲しくなってきたが、多分当作品は原作者もストーリーを進めるにあたり地図をまったく描いていないと思われる、だから描こうにも描けないのではなかろうか。

※実際は地図はあるらしい、そしてその地図を見た限りではものっすごく遠距離を移動してるようで、中央大陸に戻ってもなお長距離を移動しないとルディたちは故郷には着かないとのこと。

こっそり前話のオープニングで地図を目立たないように描いてくるとか全く気がつかなかったよ。

でもまあロキシーの両親の情報から、魔大陸でウワサが広まっているデッドエンドを名乗るパーティーがずっと探していたルディたちであると分かっただけでも収穫か。

あとは人々が話すデッドエンドのウワサを頼りに移動すれば最低でもルディには会えるわけだからな。

とはいえロキシーはルディの家族も探してるようだけど他の家族がどうなってるのかはルディもパウロも会えてないから分からないけどね。

ロキシーは口ぶりからしてどこかでパウロには会ってるのかな、探してる人間にパウロの名前はなかったし、ゼニスほかルディの妹たちの行方もわからないことを知ってるし。

さて、メインはルディたちが魔大陸、あるいは隣の大陸でのパウロとの再会と時を同じくしてルディたちを探索しに遠路旅をするロキシーたちの模様。

ロキシーは魔大陸へと移動して第9話でルディたちが訪れたミグルド族の村、つまりはロキシーにとっては自身の故郷の地へと立ち寄り久方ぶりに実家に帰ってきたわけだけど…

なるほど、一方その頃を使ってこのタイミングで改めてロキシーが掘り下げられることになるのか。

すでに魔力災害から何年も経ってるが依然としてスペルド族の名前を聞いただけで泡吹いて倒れるのは変わらないけどな、ロキシーにとっては何年も忘れることができないかなりきついトラウマがあったらしい。

いやしかし、ミグルド族の間では当たり前のように使っている、なんなら、自分の両親でさえも互いの意思疎通に使ってる念語とやらをロキシーだけは使えないとなるとそりゃ疎外感を感じるようになるよな、なにせ非言語コミュニケーションだから何を言ってるのか全然分からないんだもの。

両親ですら一度はいたいだけいていいんだよって言いつつ、そっぽ向かれて念語で会話していたしな。

これはこれで両親はロキシーが念語わからないことまでは知ってても、それが理由で家出したってことに気づいていなかったってのもあるのかもしれないね。

言語コミュニケーションでさえ周りが自分の知らない話を楽しそうにえんえんとしてるのを見るとそれだけでテリトリーの違いをいやがうえにも味わわされて疎外感を感じるようになるのにさ。

とはいえ、勝手に塞ぎ込んで飛び出していく形で家を出て旅に出たロキシーを変わらぬ愛情で迎え入れて、しかも幼いときに作った人形や図鑑をずっと保管してる両親が本当に心あたたかかったよ。

あるのかどうか分からないロキシーの帰りをずっと待っていてくれていたのが伝わってきた。

だからロキシーがわからないままな念語の一つが遊んでる時に転んでしまい、傷を癒してくれたことへのお礼だったってのがなんともいたたまれないのよね。

感謝の言葉がわからないのは本当にショックよ。これは感謝が伝わらないって意味で述べた方と述べられた方の双方にいえるね。

念語わからないなら表情で読み取るしかないよ、人間も非言語コミュニケーションは表情とアイコンタクト、あとは耳聞こえない人には手話や筆談で行ってるしな。

ロキシーは塞ぎ込んでばかりで冒険中もそちらの発想は至らなかったのかなと気になってはしまうが、まあ冒険は冒険で楽しかったみたいだし、いろいろと激変の人生を送ってきたしでそのことはすっかり忘れていたのかもしれないな。

あの馬みたいな見た目の男、初登場時はルディたちがデッドエンドを名乗っていた時に大笑いしていたが以前はロキシーにとってのキーパーソンというかかつてのパーティーの仲間だったのね。

ロキシーが念話が使えないことを知っているあたり、彼女はパーティー結成の前後あたりにノコパラには家出した理由を含めていろいろと話をしているのか。

ってことは閉塞感から家を飛び出していったロキシーを最初に受け入れたのは彼らだったということになるな、やってることはアレだけどすでに結婚して子も3人いる父親だと言ってるし、家族の大切さについての持論も父親としての視点から述べていたしで最初のうちはルディたちを小馬鹿にする守銭奴に見えたが本当は他人思いなのかもしれないねノコパラは。

ちなみに、念語が使えないルディたちとは言葉を使ってコミュニケーションを取っているのは第9話で描かれた通りだ。

いまはルディたちの捜索の真っ只中だからほんのわずかな時間の滞在にならざるを得なかったけれど、もしなんの時間も起きていない普通の帰省であればあと1日2日は滞在したかったのではなかろうか。

再会するなり即険悪で殺伐とした雰囲気になってしまったルディとパウロとは正反対だった、むしろ再会した時の最初の反応はロキシーと両親のようになるのが自然なのではなかろうか。

ロキシーが家出したことで家族はもう見捨てているのではないか、とずっと懸念して敷居を自ら高めていたことが杞憂に終わってよかったよ。

次回の感想記事

無職転生19話感想:ヒトガミどうやってリーリャとアイシャの居場所を見つけたんだ
無職転生第19話「ルート選択」感想前回の感想記事第19話感想中央大陸に到達したルディ。ヒトガミはどうやってリーリャとアイシャの居場所を見つけたんだ、ハンドパワーか、あなたはMr.マリ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました