無職転生21話感想:七大列強でも雪山を歩くもんなんだな

2021年秋アニメ



無職転生第21話「ターニングポイント2」感想


前回の感想記事

無職転生20話感想:アイシャ・リーリャ解放、ザノバも国外追放されたの!?
無職転生第20話「妹侍女の生まれた日」感想前回の感想記事第20話感想なんて間が悪いの、ロキシーのルディ探索開始とリーリャとアイシャが転移させられてシーローン王国に迷い込みパックスに捕まってし...

第21話感想

ルディたち、雪山にいてもよく死なないな、防寒装備全くしてなかったにもかかわらず体力が奪われることもなくピンピンしてたぞ。

事前に雪山を登る前に魔法を使っていて、その影響だったりするんだろうか。

本当にルディはエリスのどこをつまんでるんだよ、むしろエリスのそれは服の上からでも感触がわかるのか、通常時からどれだけ大きいそれをお持ちであらせらせられるんだ。

七大列強の肩書き持ちでも従者を引き連れてごくごく普通に雪山を歩いてるものなんだな。

とはいえ明らかに風貌はそこらの一般人とは違う迫力があったから只者ではないのはわかるけどね。

そして今回ルディたちが肩書き持ちの人間と対面したのはいつぶりだ、魔大陸のとある街で魔眼を授けてくれたキシリカキシリスと、その前だと魔力災害が起きたときにルディたちを殺害しようとしたペルギウスの部下、光輝のアルマンフィか。

名前だけだとラプラスの名が何回も出てきてるな。

そんなオルステッドは「あらゆる生物から忌避される」呪いをかけられているらしい、やけに胸にぐさっと来る内容の呪いだったが、だとすると妻はおろか恋人、友人が誰一人いなくお金や天運にも見放されている私たちも生まれながらにその呪いにかけられていて、呪いが解ければ周りから愛される人間になるのではなかろうか。

問題はその呪いを解く方法を誰一人見つけ出せてないことだけどな!

これは世界中を旅しないと見つからないのかもしれないね。

それにしてもオルステッドは七大列強のなかでも最強の強さと言われているだけあってルディたちは誰一人として全く手も足も出てなかったな、ルイジェルドも一人前の戦士として認められたエリスも一撃で吹き飛んで岩に体を打ち付けられていたからね。

やりあえるというとルディの無詠唱魔法くらいなものだけれどもそれでもオルステッドとの力比べだと天と地ほどの差があるんだろうな。

ルディはヒトガミと関係があるって事でオルステッドから容赦なく殺されそうになってたね。

さて、今回のオルステッドとの不意な邂逅とヒトガミとルディの会話を聞くにいろいろと興味深い点がいくつも出てきた。

まずは、オルステッドとルディたちは今回が初対面なはずだが、オルステッドはエリスとルイジェルド、あとはルディの家柄であるグレイラット家のことをよく知っていたこと。

(グレイラット家には女の子が二人いたことも知っていたが一人はパウロとメイドのリーリャの子だ、そんなグレイラット家の事情もご存知でいらっしゃるのか)

でもなぜかルディのことだけは知らないこと。

エリスたちは100%異世界の人間であるのとは逆に、ルディはピザキモニートが現世で死亡後に転生してきた人物ってな違いがあるがそれが理由の一つとしてあげられるだろうか。

ルディはオルステッドらにかけられている呪いにも全く影響を受けてないしな。

じゃあなぜにオルステッドは初対面のはずのエリスたちのことをよーく知っているのかだよ、名家ではあっても別に七大列強でもないし、強さは月とスッポンくらい離れているし、何か大きな事件を起こしたわけでも英雄なわけでもない彼女たちのことを。

そんな無名と言ってもいい人間のことをのことをどこで知ったのかだよな、多分有名になるのはあの3人だとルディになるはずなのに。

ってことはルディが有名になる前にはオルステッドはエリスもルイジェルドのことも知ってるってことだよね。

ならば知ったタイミングはいつなのか?ルイジェルドはまだしも、エリスなんてまだ少女の範疇に入るぞ。

オルステッドの立ち去り際にルディがなんの気無しに声をかけたときルイジェルドはとんでもなく歪み恐れおののく表情をしていたが、まさかあのバカ、こんなときに声をかけるとは何を考えてるんだって顔だったか。

次にヒトガミとオルステッドは敵対関係にあること、これはおそらくはヒトガミの言動からオルステッドが一方的にヒトガミを敵視していると言った方が正確なのかな。

でもヒトガミはオルステッドの動きは何一つとして把握できていなく、そのためにルディと雪山で邂逅することも全く読めなかったらしい、ルディのこれからやるべき動きは事細かに教えてくれるのにな。

よって、ヒトガミがルディにいろいろ進言してくるのは対象となる人物の動きも計算か何かをしてすべて知っているからだったことがわかる。

ってことはオルステッドはヒトガミにも計算できないかなり特殊な存在ってことになる。

オルステッドはその特殊な存在だからこそ無名なはずのエリスやルイジェルド、あとはグレイラット家のことも知っている。

どこかで戦ったことがあるのではないかってくらいには。

ラスト、従者の名前はナナホシというみたいね、異世界のわりになぜか明らかに日本語っぽいネーミング(漢字に直すと七星あたりが思いつく)だがそのへんは何か関係してくるのだろうか。

彼女の進言によりルイジェルドは一度オルステッドになぶられた挙句絶命寸前のところを救命されたが、ならばナナホシとルディの共通点とはなんなんだというのか。

考えられることはひとつしかない、彼女もルディと同じくど変態だってことだ(絶対にあり得ない)。

それはジョークで、考えられそうなことといえばやはりナナホシも現世から転生というか転移というか、どこかのタイミングでさせられたんだろうな。

いずれにせよ、ヒトガミには実は敵対しているオルステッドなる男がいることをルディが知る、このイベントはたしかにルディにとってのターニングポイントだったな。

ヒトガミは普段ルディ乗り前ではあんなマヌケな言動をしてもその裏ではオルステッドに命をずっと狙われていたっていうんだから。

だとするとルディは異世界からヒトガミによって選ばれてしまった人物になるんだろうか。

逆にナナホシはオルステッドにでも選ばれたかな。

でも完全に敵対関係になるのかと思えばそうでもなさそうだし、オルステッドはルディを今後はどうするつもりか。

次回の感想記事

無職転生22話感想:やられ逃げダイナミック!
無職転生第22話「現実(ユメ)」感想前回の感想記事第22話感想ついにルディたちは故郷に戻ってきたが、魔力暴走事件により村や町はすっかり消し飛んでいて転移先から無事に戻ってこられた人たちは身を...

コメント

タイトルとURLをコピーしました