イジらないで、長瀞さん第3話感想:センパイへの独占欲が垣間見えた長瀞さん

2021年春アニメ



イジらないで、長瀞さん第3話「またやりましょうね、センパイっ/センパーイ、こっちこっち〜」感想


前回の感想

イジらないで、長瀞さん第2話感想:(股間を)イジらないで長瀞さん
イジらないで、長瀞さん第2話「センパイの願望が叶いましたね!!/ちっす、センパイっ!」感想前回の感想第2話感想今回はセンパイが美術部の活動をしているところに長瀞さんが高速フラフープであらわれ...

第3話感想

今回は下校中にいきなりの雨に濡れてしまったセンパイと長瀞さんがより近い長瀞さんの家に避難して2人以外誰もいない長瀞さんの家でドギマギしつつゲームに勤しみ、学食にて長瀞さんと彼女の友人2人と昼食を取ることになったセンパイが友人たちにいじられていると長瀞さんが怒り出し嫉妬にも見た様相を見せ、センパイが部活中に長瀞さんがいつものように訪れて漫才コンビのようなツッコミの勉強をさせるも、センパイは誤って長瀞さんのバストを服の上から触ってしまったエピソード。

第一話や第二話と比較してさーらーにセンパイと長瀞さんの関係が変わっていった感じ、第一話で切っちゃった人は第三話を見るときっと驚くと思うよ、ノリは基本的には同じなんだけど、ふたりの距離がちょっとずつ近づいているから。

2週間前に偶然図書室で居合わせたときにマンガを見られたときに直接的に言われたとげとげしい発言は何だったのかと思えるくらい全く痛くもなくなったどころかついにイジリもただのイジリではなく少々イチャイチャぎみになり、突然の豪雨なるハプニングがあったこともありセンパイをはじめて家に呼んじゃったよ長瀞さん。

なんぼいじり相手のセンパイだろうが雨で濡れ濡れになったシャツから下着が透けて見えるのを恥じらっていて意外と長瀞さんもウブだった、褐色だし遊んでそうだけどそうでないってのは先輩にしか興味がない時点でわかってはいたけれど、あれその手のビデオだったらお菓子あげちゃう展開になるからね、しかも家じゃ長瀞さん、明らかに下腹部のラインがまるわかりなスパッツ履いてるしな、下着も脱いでるでしょうから、どう考えても童貞なセンパイはこの特別なシチュエーションと長瀞さんの格好に公園にいたときよりもより興奮していたんじゃないの。

センパイもセンパイで長瀞さんの家では何かあるたびにいちいち妄想拗らせてますなあ、さすが童貞オタクだわ…って感じ、

ゲームで対戦中に耳に息吹きかけられるのはさすがに反則技っしょ、いい意味で。

変わってBパートは学食にてセンパイがはじめて長瀞さんの友人と昼食を取っていたんだけれど、前回のBパートで描かれた友人とレストランで合コンをするのをセンパイが目撃したシーンでの長瀞さんの言動と合わせて彼女の独占欲が垣間見えた、図書室での「キモい」発言からどんなふうに関係が構築されていったのかそこの描写があまり詳しく描かれないから2人にどんな変化があったのかはわからないけれど、長瀞さんのセンパイへの関係が「いちいち反応を見るのが楽しいいじりがいのあるおもちゃみたいな人」だったのが次第に「好意」に変わっていってる感じ。

長瀞さんはセンパイ以外の他の男子をいじることはせず、友人であろうがセンパイへのイジリも許さないタイプだったのか、そんなに気に入っているのね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました