イジらないで、長瀞さん第8話感想:馬乗りになっててもじゃんけんをしても付き合ってないだと!?

2021年春アニメ



イジらないで、長瀞さん第8話「意外と楽しいかもしれないっスね、元センパイ♡/じゃんけんしましょう、センパイ!!」感想


前回の感想

イジらないで、長瀞さん第7話感想:デレデレ長瀞さん、でも純情なの
イジらないで、長瀞さん第7話「センパイ、お祭り行きませんか?/デートみたいっすね」感想前回の感想第7話感想今回は長瀞さんがから夏祭りに誘われることを期待したセンパイが結局誘われなかったので偶...

第8話感想

今回は長瀞さんから筋トレを提案されるも気持ち悪いと断ったセンパイがダメ人間と評されてしまい、そのかわりに長瀞さんから四つん這いにさせられて上に乗られているところをたまたま廊下を歩いていた女子生徒に見られてしまい恥ずかしくなってしまうとともに、数日後、テストも近くなってきたがゲームのし過ぎで寝不足だったセンパイが留年の言葉を聞いてしまい、長瀞さんから同級生、あるいは下級生になり「元センパイ」と呼ばれてしまうときのことを想像されてしまったエピソード。

さらに、長瀞さんがいつものようにセンパイがいる美術部に行くと中から怪しげな声がしていてぐるぐる目になりながらも勢いよく美術部のドアを開けるとセンパイがガモちゃんたちに指に刺さったトゲを抜かれていて、帰りぎわ、長瀞さんは超絶不機嫌になりながらじゃんけんで勝ったほうが負けた方の荷物を持つ遊びを持ちかけるも負けてしまい、さらに不機嫌になってしまったのを見たセンパイが次のじゃんけんでは忖度して負けてあげて3回めのじゃんけんでは真剣勝負をした結果センパイが負けておんぶされてしまったが、重みに耐えられなくなって姿勢を乱してしまい恥ずかしくなった長瀞さんは思わず帰ってしまった。

夜、勉強をしているセンパイのもとにお風呂に入っている長瀞さんが電話をしてきた、だがビデオ通話をしていたためにセンパイにお風呂の様子を見られてしまっていたのであった。

おう、ヨツンヴァインになるんだよ、あくしろよ。

ヨツンヴァインになったセンパイに乗ってる姿を偶然廊下を通りがかったモブ女子に見られても誰からもひそひそ後ろ指さされず美術部の評判も落ちないセンパイと長瀞コンビえらい役得ポジションじゃないか。

美術室のドア、閉めてないのか、これじゃまるでセンパイと長瀞さんの愛の巣をみんなに見てほしいと言わんばかりじゃないか。

センパイのテストの点数が各教科70点台〜80点台と完璧な優等生ってわけでなくて、上の中くらいの成績とやけにリアルで生々しくて驚いてる、あと、国語のテストだけちゃんと横長になってた。

なぜに留年を「部活をもう一年できる」とポジティブに捉えているのかはさっぱりわからないけどね。

長瀞さんはあのフレンズとつるんでるからバカそうに見えて実際は一教科も追試は受けないのか、ガモちゃん、ヨッシーですら受けているのに。

クソほどに退屈な追試を受ける時間があるんならその時間を全部使ってセンパイイジリに勤しみたいから最低限の勉強だけはしているんだろう。

Aパートはセンパイがもしダブり&トリプりしでかして同級生&後輩になったら、ってなシチュエーションなんだけど、センパイの留年なんていう間違いなく100%起きるはずがないことを妄想してる長瀞さん&フレンズは頭がいいのか悪いのか、悪いから追試受けるんだけどさ。

あれやこれやパシリにさせられている元センパイの妄想が描かれていたけれど、実際にセンパイが同級生あるいは後輩になったとしたなら絶対に長瀞さんたちはキモい野郎がいるとイジることなく空気扱いするんだろうな〜って思ってる。

Bパートはセンパイが長瀞フレンズの重い荷物は持ってあげるのに自分の荷物は持ってくれなくて不貞腐れてる長瀞さんと帰りしなにじゃんけんをして遊ぶ流れなんだけど、ずっと不貞腐れてるわりにセンパイと別ルートで帰る気はさらさらない長瀞さんね。

機嫌悪いけれどなんだかんだ気になるセンパイとは一緒に帰りたいのが乙女心。

じゃんけんをしてまでいじくりたいのも乙女心。

女性の気持ちは建前と本音がまったく逆になることもあって、なにを考えてるからわからないからものすごーく面白い、ただし表向きはいい顔してるけれど裏ではつばき飛ばしながら悪口言いまくってるパターンもあるけどな。

当てはまっていたら泣きたいけどね。

絶対に偶然なんかじゃなくて、お風呂入っているときに狙ってビデオ通話にしたろ、センパイにHA☆DA☆KAを連想させるために、自分で埋めた地雷を自ら踏んで大爆発したのを恥ずかしがってるんだから世話ねえよな長瀞さん。

ここまでやっておいて二人は付き合ってないなんて絶対おかしい、男の方ではなく、女の方になんかあるはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました