イジらないで、長瀞さん第9話感想:長瀞さん、フレンズたちに振り回されっぱなし

2021年春アニメ



イジらないで、長瀞さん第9話「センパイはムッツリだし!!/キモキモセンパイが
まともにデート出来るわけ無いっしょ!!」感想


前回の感想

イジらないで、長瀞さん第8話感想:馬乗りになっててもじゃんけんをしても付き合ってないだと!?
イジらないで、長瀞さん第8話「意外と楽しいかもしれないっスね、元センパイ♡/じゃんけんしましょう、センパイ!!」感想前回の感想第8話感想今回は長瀞さんから筋トレを提案されるも気持ち悪いと断っ...

第9話感想

今回は美術部にてデッサン中のセンパイに長瀞さんからスパーの相手を持ちかけられたときにセンパイが床に足を滑らせてしまい長瀞さんが支える格好になってそれをクリンチされたとしてフレンズの面々に話すとガモちゃんたちは自分たちもセンパイと寝技やスパーをしたいと言い出したので不機嫌になってしまい睨み合いになり、ついに美術部において遊ばれてしまったエピソード。

別な日もセンパイが美術部に向かうとすでに部室は食堂でだべっていたはずのガモちゃんたちに侵略されていて、話を聞くとイキった男子生徒たちがゲームしながらふざけている様子に呆れていて、実は桜をお色気担当の刺客として送り込み男子生徒をタジタジにさせて内部崩壊させようとしていた。

その一方でセンパイにも性欲はあるのかどうかで言い争う長瀞さんは何か叡智な本を隠してるのがあるのではないかとガモちゃんとヨッシーに賭けを持ちかけ、なんとかして見つけようとしたのを見てわざわざ隠し持ってる本を準備室から持ち出しこれ見よがしに本棚に置いていく。

そしてまた数日が経過、やはり部室において長瀞さんが新しいピアスをしてきたことに気づいたセンパイが見惚れていると長瀞さんはお揃いのピアスをつけて意識させようとしてきた、するとそこに桜が現れ、いきった男子生徒の一人からストーカーされるようになってしまったから彼氏のフリをしてほしいと相談があった。

長瀞さんの鋭い眼差しが光る中で彼氏のフリすることにしたセンパイは後日肩を出してきた私服姿の桜とデートをすることになった、実は長瀞さんやガモちゃん、ヨッシーの3人もずーっと後をつけていて、海がのぞめる高台にやってきたふたりに長瀞さんたちはストーカーをとっ捕まえて現れた。

ガモちゃん、ヨッシー、桜もさようならーして長瀞さんと二人きりになったセンパイはやはりいじくられてしまったのであった。

長瀞さんとセンパイ、二人の関係は進展することがなくなっちゃったけれどこの辺の距離感でひとまずの完成形になると言った感じかな。

終始長瀞さんがフレンズに引っ掻き回されてた。

スパー中に滑って転びそうになったセンパイに抱きつかれてそれをガモちゃんたちにはクリンチと言って逃げる長瀞さんね、もうボクシングやプロレスごっこをしてなさいと言いたい。

そのままセンパイは長瀞さんの日焼けした健康体と日焼けあとを見て海を思い出してどこかが大きくなってくるから…。

夜の長瀞さんのはじまりかな?

叡智な漫画をこっそり隠し場所から持ち出してこれ見よがしに長瀞さんに見つけさせよう、負けそうになってる賭けに勝たせようとするセンパイの姿が印象的だった、センパイも長瀞さんが賭けに負けて悔しがり泣いてしまうところを見たくないってことだな。

長瀞さんには是非自分を叡智といじりにいじってってほしいってことだ。

桜はすっかりお色気担当として定着したみたいだけど、まさかうるせえイキリ男子だらけのところでサークルクラッシャー役をやってたら一番キモいデュフフ系男子生徒にストーカーされてしまってセンパイがお助けキャラとして彼氏のフリする役目を仰せつかることになるとはな。

とはいえ、相対的に見て幾分みてくれがマシな男子生徒ではなく一番女子に免疫なさそうなヤツにストーカーされるのは現実的なのかどうなのかどうなんだろう、あの見た目の男子の場合、アニメやゲームの美少女キャラに夢中で三次元に興味を持たなさそうだからね。

私の感想も含め、かなり偏見が入ってしまっている感が否めない。

そんなセンパイの長瀞さん以外の女子との初デートは未遂に終わったけれど、気になって仕方ない長瀞さんもセンパイと桜のデートを見て気が気じゃなかっただろう。

そしてガモちゃんやヨッシーは3人の冷やかしにすぎなかった。

なんだかんだ言って長瀞さんが怪訝な表情を浮かべる様を見て楽しんでると言ったところ、とともに、もう「早くこいつらくっつけよ」とでも思ってるのではなかろうか。

長瀞さんはもしかしてこのデートごっこが発展して本気の恋人関係になってしまったら…ラブコメ映画を見たふたりがそのまま夜の公園でイチャイチャはじめてほんとうに脱道程してしまったら…ふくらむ要らぬ想像は彼女にストーカーをさっさと見つけてこの目の前で繰り広げられているデートを終わらせたい、そして自分が隣にいたい、そんな結論へと至らせていた。

頭ペシペシしながらセンパイのことを何度も何度も弄りまくってるけれど実はこのままどこかいけない場所に連れ込まれるまでを妄想して部屋で一人悶々としてるんじゃないのこれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました