NIGHT HEAD 2041第8話感想:地球が消滅していくようなんだが

2021年夏アニメ



NIGHT HEAD 2041第8話「破滅への啓示-March to Decimation-」感想


前回の感想記事

NIGHT HEAD 2041第7話感想:世界の真実と霧原兄弟の役割
NIGHT HEAD 2041第7話「世界の狭間 -Between the Worlds-」感想前回の感想記事第7話感想自分たちの主義主張を唱えるべくテレビ局を襲撃するも保安隊により全員死亡...

第8話感想

能力がどうとか霧原兄弟や黒木兄弟がどうっていうより、精神世界ってそんな世界だったの、おそらく精神エネルギーに依存すると肉体は消滅し、意識も遠く離れたお空に飛んでっちゃうんだろう。

その精神エネルギーを受け入れた者たちの世界は競争原理により生じる格差を否定し国境もなく争う必要がない平等が生まれているらしいが、その世界をなんというか知ってるか?

社会主義っていうんだよ、だから精神世界っちゅうのは言ってしまえば国までも取っ払った大きな東側諸国なのよ、で、平等のためならば国民が生んだ富をふんだくる権力者もこの世にはいらないと考えてるんだろ?

日本国内じゃ仕事してないってんで公務員の給料を下げ、国会で寝てばかりで国民の方を見ようともしない政治家の給料も最低賃金にしろなんて言ってる輩だらけだからな、なら無政府主義、アナキストってやつになる。

もっというと国家や権力を否定し個人の自由を尊重しろと言う人(「うっせえわ」の歌詞もそんな感じ)だらけであるから、こうなると個人主義的無政府主義か。

だとすると、作品内では物質世界なるネーミングだけどいわば物質ってのはお金、資産のことで、競争社会により富が富める者にますます一極集中していき持たざる者には何も与えられない格差ばかりが広がっていく資本主義に対する批判を込めていることになるか、異次元にいったのが競争社会を否定した側で、地球に残っているのが競争社会を肯定する側、しかも地球の側が滅亡しそうになっているってところであまりの妄想の酷さに乾いた笑いが出てくるが。

あ、自分たちの考えを肯定するために地球=この世の中まで消しちゃう、どくさいスイッチ(ドラえもんの道具)やっちゃう。

まーた左翼クリエーターによる政治批判か、一時アニオリ作品で音楽ものの作品でドナルド・トランプの政治を皮肉りまくって世界平和を!WE ARE THE WORLD!エンドにしたもんだからドン引きして途中で視聴を打ち切った作品があったけど'(その作品も水曜深夜にフジテレビで放映されていたな)その手の作品また復活したの。

ならばその個人主義的無政府主義になってる精神世界がいま実際の暮らしがどうなってるのかその状況も見てみたいんだよな、こういう社会になっているってのは説明されているけど、うまくいってるのかどうか。

クリエーターなんだから想像力を働かせてぜひ描いてほしい。

つまりは異世界転生と根本は同じか、あの手の作品も競争社会に敗れた人間の現実逃避先だから。

なんだか感想書いていて気持ち悪くなってきた。

でももう社会主義であるところのソ連は崩壊してるし、中国も死にかけだぞ、それでも社会主義がいいというのか。

なら止めはしない。

だから精神世界なのね、左寄りの人間の精神の中だけで存在する理想郷って意味で。

後半、黒木兄弟の両親が官僚であることや、ユウヤの意識の中に現れた預言者なるババアにより精神世界に行った人間が地球に戻ってくると均衡が崩れてしまうとかなんとかで地球が消滅しようとしている、と前回の御厨に続き長々と説明が行われるかたちで情報が明かされ話の進みが急に高速になったが、このへんが2クールを予定していた脚本が1クールにまとめられた影響かな。

前回は御厨により霧原兄弟に情報が開示され、今回は預言者により黒木兄弟に情報が開示された。

本当はこの辺もじっくり描きたかったと考えられるが、話数半減の煽りをぞんぶんに受けてしまったようだ。

そして、これも話数減少のあおりかめちゃくちゃ唐突に最終目的が提示された、霧原兄弟を消せは地球の消滅は免れるって目的が。

話の本筋は長々と説明で端折られそこに制作者からの政治的メッセージが出てきたりとなんだか気分悪くなってきたな。

話は黒木兄弟と霧原兄弟のことに戻して、霧原兄弟は物質世界の地球に取り残された人々を救済する神のような役割が与えられ、黒木兄弟は預言者から霧原兄弟をこの世界から消すことが世界を守る唯一の方法であると聞かされた。

つまりはどちらもそれぞれの正義が与えられたけれど、双方の話を聞くに一度精神エネルギーを肯定した世界に転移した神のような存在を人間が消せば世界が救済されるってそういう流れか。

なるほど、霧原兄弟は資本主義社会に生きる人間に社会主義の世界のほうが平等でいいですよって説いて周る役割を与えられ、彼らを資本主義社会に生きる黒木兄弟がぶっ潰すとそういうことね。

意味合いがいきなり真逆になったぞ、さっきは左翼クリエーターがどうこう言ってしまったが、この話を聞くと、左翼を批判しているってふうになった。

資本主義VS社会主義の代理戦争じみてきておもしろくなってきたんじゃないのこれ!?!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました