NIGHT HEAD 2041第10話感想:御厨の研究所が保安隊に襲撃!

2021年夏アニメ



NIGHT HEAD 2041第10話「守護と救済-Our Destiny-」感想


前回の感想記事

NIGHT HEAD 2041第9話感想:主要人物相次ぐ退場
NIGHT HEAD 2041第9話「逆理 -Paradox-」感想前回の感想記事第9話感想なあ、黒木兄弟の両親の話はどこに行った!?今回一度も話に出てこなかったぞ。なにせ親...

第10話感想

御厨もこれにてご退場、残りはついに保安隊VS霧原兄弟の戦いになった感じ。

構図としては保安隊が一方的に霧原兄弟を消しにかかっているってところだけどね。

舞台のワープがいささか強引すぎる気もする。

こういうSFものとなるとロシア(ソ連)が舞台になるのはお約束なのだろうか。

アメリカでもいいと思うんだけどな、ロズウェル事件はアメリカで起きた事件だし、UFOの研究施設と噂された(実際は新型航空機の試験を行ってる基地)エリア51もアメリカにあるし。

御厨から神のごとく救世主の役割を与えられた人間がその世界の人間により消されようとしている、

コネクトして意思を疎通しあったユウヤと直也の願いは叶うことなく、当然保安隊は自分たちのいる物質世界の地球を消滅から防ぐべく、霧原兄弟を文字通り「消す」ために研究所ごと破壊する作戦に出るわな。

それが一番手っ取り早いうえ怪しい施設を潰せるし一石二鳥だからね。

そしてユウヤの思いはタクヤから見たら「またとないチャンスを潰す気か!」としか認識されず。

そりゃ奥原から今この世界では居合わせてはいけない人物が居合わせているからパラドックスが起きていて、精神世界に一度転移した人間であるところの霧原兄弟を消さなければ地球が消滅するって言われてるわけだからね。

でも実際はユウヤと直也の弟コンビだけが物質世界の地球を救済する方法に気づきつつあるんだけどな、このタイミングでバカか弟よ!ってなっちゃった。

すえおそろしいのは能力で他人をマインドコントロールできる君江だよ、これで力づくでロシアと日本の政治的障壁を破壊しやがったからな、霧原兄弟を消すってミッションをどうしても達成させるためにおそろしい執念を見せているぞ。

直人も戦闘機を吹っ飛ばせるサイコキネシス能力は強力だと思うけどね。

ここにきて双海翔子が長い眠りから覚醒してさっそく超音波という名の咆哮を上げてきたんだけど、いきなりインパクトの高い能力を出してきたな、そう来るのか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました