ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会2期1話感想:2期のはじまりにふさわしい展開

2022年春アニメ



ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会2期第1話「新しいトキメキ」感想


アニメ公式サイト

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の公式サイトです!

第1話感想

この前コンビニで一番くじを見かけたときに一期目を全話見ているはずなのに知らない名前の人間が何人かいたと思ったら実はアニメでは今回が初登場だった。

「スクスタ」のゲームではすでに昨年登場済み。

その一番くじ、半額にしてやっとはけたってことはあまり売れなかったみたいね、そらコンビニの主な客層における知名度は0ですから、コアなオタクにしかウケてないので・・・

さて、本編の方はと言うとまた中国というか香港と言うか大陸枠の2人が登場してきた、この2人が一番くじで見かけた知らない名前の人間である。

そしてその2人がスクールアイドル同好会の面々を引っかき回し価値観を揺れ動かしていく役割といったところになるだろうか。

上映開始まで時間がない!と急いでいるとの理由でUSBメモリによく確認せずに適当にデータを放り込み見事に取り違えるあたりがかすかすのかすかすたる所以なんだよな、いや、USBメモリにフォルダごとファイルをコピーしたのは天王寺璃奈か、取り違えたファイルが上映されたときに「間違えた」と言っていたのは彼女だったから。

むしろ天王寺璃奈も上映で使う映像データと使わない映像データを一緒くたに管理しているのが謎ではある、なんだ、「新しいフォルダー(4)」ってフォルダは、なぜ「(4)」まであるんだ。

ってことはそのパソコンには「新しいフォルダー」「新しいフォルダー(1)」「新しいフォルダー(2)」「新しいフォルダー(3)」も同時に存在していたってことだろ。

しかも同じファイルはなんと「other data」のところに他のメンバーの名前が書かれた複数のフォルダとこれまた同時に存在している、そこをいい加減にしたらあかんやろ。

まあこのへんは自分だけがわかればいいって感じのよくある管理方法ではあるんだけどね。

炎上中のプロジェクトのエクセルファイルを彷彿とさせるな。

その未使用のNG&オフショットのファイルを上映したほうが注目される気はしなくもないように思える。

一方で本題は香港からの留学生ショウ・ランジュによるスクールアイドル同好会についての問いかけになるだろうか。

高咲侑に対して「なぜあなたはスクールアイドルではないのにスクールアイドル同好会にいるのか?」そして、「ファンに支えられるアイドル」っちゅうこれは虹ヶ咲に限らない昨今のアイドル像そのものについての疑問になっていくだろうか。

逆に言うとショウ・ランジュにとってのアイドルとは「自分が常に最高のパフォーマンスを提示すればファンは勝手についてきてくれる」っていう考えになるのかなこの場合。

どうも見たところ相当自分に自信を持ってるみたいね、初回からさっそく「映像でアピールすることに失敗したなら歌でファンをひきつけなさい歌で!」と言わんばかりにステージじゃない場所で楽曲を披露してたからね、始末書ってオチがついていたけれども。

これに対して高咲侑の考えは「スクールアイドルはみなの夢を叶えるための表現の一つであり、自分たちのステージを見たファンにも夢を与えていきたい、そのためにはファンとの距離を近くして支え合うことが肝要である」ってところになるだろうか。

そもそも高咲侑の立ち位置は特殊で、スクールアイドルにトキメキを感じて歩夢やかすみたちと同好会を結成したけれど自分はあくまでファンの代表であり、やりたいことは他にあるって子なのよね。

ということでこの二人の考えはほとんど対立状態、おまけにショウ・ランジュにとっては高咲侑らの考えは高校生らしいノリから離れられてない、馴れ合いにしか見られなかったと考えられる。

だがよくよく考えてみたら一期目の虹ヶ咲ってファンと交流みたいなことはあまりしてなかったよね、同好会とは銘打ってるけれどもメンバーはユニットで活動することが稀でありほとんどは個人で活動をしている、だからライバルにもなりうる、で、スクールアイドルフェスティバルはそれぞれのメンバーがそれぞれのやり方で想いをファンに伝える共通の場であるってのがコンセプトでもある。

そこは常にユニットで活動をしている他のシリーズ作品とは大きな違いである。

つまりは同好会の方針はある方面ではショウ・ランジュが抱いているであろう考えに近いものがあるのか。

とはいえショウ・ランジュも高咲侑もどちらも相手の考えを否定せずに互いに高め合いましょうってパフォーマンスで戦おうとするあたりがアイドルものらしくて好印象だったけどね。

二期の始まりにふさわしい展開だったんじゃないのこれ!?

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました