オッドタクシー第6話感想:犯罪に、借金に、深みにどんどんはまってく

2021年春アニメ



オッドタクシー第6話「なんでやねんが聞きたいよ」感想


前回の感想

オッドタクシー第5話感想:何かが起こりそうでまだ起こらない
オッドタクシー第5話「アイドルなんて呼ばないで」感想前回の感想第5話感想今回はミステリーキッズのマネージャーがメンバーをできるだけ早く笹塚のスタジオまで迎えに行く手段として小戸川のタクシーを...

第6話感想

今回は小戸川のタクシーに客として再度今井が乗り込み、6つの数字を選ぶタイプの宝くじが見事に1等10億円当選し彼がボーイのバイトをしてるというキャバクラに行くこととなり、小戸川が店と嬢の雰囲気に飲まれてトイレで休んでいるところに顔面にドクロマスクをした何者かが銃を撃ち侵入、小戸川が今井の先導で裏口から逃げるのを見た犯人であったが、同じくボーイのバイトをやってる柴垣に止められて銃をもう一発発泡、さらに小戸川のタクシーの左後部ガラスも割られていることに気づいたがこの日はそのまま自宅に戻ってきたエピソード。

自宅には白川さんがいて近所の夜の公園で話すことになった、白川さんは実はドブと4年ほど付き合っていたといい、交際中は彼の暴力がひどかったうえ、利息が高いため彼への借金がまだ300万円残っているとのこと。

そして白川さんは小戸川と親密になったのはドブの指示で、ドブは銀行強盗を計画しているようでその逃走用の足に小戸川のタクシーを使う計画を立てていたという。

この話を聞いた小戸川はあえてドブを泳がせるといい、翌日はタクシーを修理していつもの乗務にあたった。

柴垣はこの日はラジオの仕事、いつもの小生意気な高校生からメールが来ないのを気になったが本番を終えタクシーに乗り込もうとする途中に目が血走ってる一人の男子高校生から声をかけられたが実は彼こそが例の小生意気な高校生。

樺島は先日の新宿キャバクラ発砲事件の犯人をドブと断言し糾弾する、そんな内容の動画を投稿していた、その動画を小戸川のタクシーで見たドブは憔悴するも小戸川に剛力を医師として復帰させ、事件の犯人を捕まえ拳銃を取り戻すための共闘を持ちかけた、その代わりに小戸川は白川さんの借金をチャラにすることを持ちかけていく。

ドブはマスク男を捕まえる手段としてハロウィンの夜に犯人と同じ格好をするという一方で小戸川には手始めに動画を投稿した樺島を呼び出してほしいという。

一方で柿花は闇金でお金を10万円ほど借りていたし、ホモサピエンスの馬場は売れっ子でスケジュールがみっちり埋まっているなかでミステリーキッスの二階堂と交際をしていたのであった。

そことそこ、あとそことそこがつながっていた。

今井と柴垣は同じキャバクラのボーイをやってたのか、そして柴垣と馬場はそれぞれの性格の違いがそのままコンビ内格差にもなっているという、かたや温厚な性格が受け入れられて多分いじられキャラになってるんだろうな、売れっ子でこっそりアイドルと交際してピンの仕事でスケジュールも連日埋まり、こなたではズバズバ物を言う性格が先輩芸人や局の大物プロデューサーから?嫌われてスケジュールはラジオの仕事が週1あるだけ、それ以外はたまにコンビで営業することはあるんだろうけどキャバクラのボーイのバイトでどうにか食いつなぎ、しかもラジオに出れば毎週高校生からの辛辣な指摘を受けることとなるんだから。

で、今井は小戸川に数字を選んでもらった宝くじで一山どころかひと財産築いて柴垣は多分貯金もなし、こちらでも金銭格差が広がってた、なんて世知辛い世の中なんだろうか。

馬場が二階堂と交際してるのはマネージャーも周知の事実なのか。

それにしてもあのアイドルユニットは婚活アプリしたり芸人と交際したりと意外とそのへんユルユルだった、アイドルは交際禁止なる謎ルールを皮肉るだけじゃなくて真っ向から否定してきてるね、裏社会と繋がりのあるあのマネージャーの犯罪の片棒を担がされているともいえるか。

え、出てくる人出てくる人みんなどんどん深みにハマっていってるじゃない、あれ田中でしょ、ドブの拳銃を持ってるし、小戸川の動きを追い続けついに歌舞伎町のキャバクラに乗り込んで襲撃したの。

で、樺島はキャバクラ襲撃事件をあいつならやりかねないとドブの犯行として断言してるし(ドブがやったら間違いなく組同士の抗争になる、去年なんてメンツ潰された組のスカウト狩りがあったしな)、柿花はなんか味をしめてしまったか沼にハマってしまったかいよいよ明らかに危ない事務所を構えてる闇金から金借りてるし、小戸川は俺には関わるなと白川さんを突き放しつつ彼女の借金をチャラにしてほしいとドブに頼み込んでるし、そのドブと白川さんはかつて交際していたと言うし、ドブの銀行強盗と田中と樺島の拘束計画に小戸川は乗っちゃったし、まあ小戸川の場合はドブを警察に突き出す作戦のなかでの行動なんだろうけれど。

田中はドブと小戸川に追われる以前に歌舞伎町って場所柄このキャバクラを仕切ってるヤか半グレか、そのへんに激詰めさせられてそうなものだけどそのへんは当作品のなかではいないことにしておこう。

白川さんとドブが交際していたのには驚いたな、まあ借金を肩代わりできるような関係ってなるとそうなるのは予想はできなくはないけれど、それでもしっかりと高利で返済させてるしDVもやってるしとやりたい放題だった。

ドブは白川さんに小戸川と親密になれと言っているようだけど、ならば今の白川さんの小戸川への想いはどちらだ?ガチになってしまったのかそれとも依然として演技を貫いているのか。

パズルのピースを合わせるかのように今井の大金がここに来て舞い込んできてしまったけれどまさか10億円の分け前が白川さんの借金返済の原資になるというのか?

それでも小戸川は彼女に惚れてしまった男の宿命か、俺に関わるなと突き放しつつ彼女を解放させてほしいと頼み込んでいたけれどその「解放」は死亡フラグになりそうな予感。

コメント

タイトルとURLをコピーしました