王様ランキング5話感想:ダイダはチート薬を飲まない、完全な勧善懲悪にはしない展開

2021年秋アニメ



王様ランキング第5話「からみあう陰謀」感想


前回の感想記事

王様ランキング4話感想:ボッジは地獄に落とされ、ダイダは90位に落とされる
王様ランキング第4話「初めての旅」感想前回の感想記事第4話感想ボッジの旅は一筋縄ではなかった、全然救いようがなかったんだもの。街でスリにカバン盗まれて、大男からはイケニエに間違われて...

第5話感想

カゲ実はずーっとリュックに身を潜めていたのか、もう自分の前にいないと思っていたら実はベビンの頼みでこの旅をこっそり最初から見守っていたなんてボッジにとっては感謝感激、何回感謝しても足りないくらいの良きパートナーだったじゃん。

カゲも目の前で母親を殺され、自分も浮浪者としてボコボコにされながら生き抜いてきた波乱万丈つづきの半生だったからね、強くなりたいって道半ばで命を落とすボッジなんて見てられなかっただろうな。

ボッス没からダイダ国王就任の間でお世話係を含め王宮内の勢力図がだいぶかわってきたみたいね。

ダイダはランキングが下がったとかそのへんでだいぶ動揺するようになってボッスのように強くなりたいと願っているがそれでも鏡から提案された安易なチート薬を飲まなかったのか。

安易なチート薬といっても、その原料はジューサーみたいな特殊装置にかけられたボッスの血液と体液、その他もろもろを絡み合わせた肉体構成物なんだけどな。

ってことは、強くなりたいのであれば、父の力を使って強くなれっていうメッセージになるわけだ。

ここでチート薬を飲むって展開ももちろんアリアリのアリ、むしろおとぎ話なら鏡の言うことに従ってここで薬を飲んで強くなるだろう。

異世界転生ファンタジーなら何も考えずに強さを求めて安易に飲むし、日本人の9割近くはやはり飲むことを選ぶかもな。

ただし姿かたちが別人、あるいは異型のものに変わったうえ、かならず勇者のような存在に討ち取られるか体がいずれは朽ちるって副作用付きでな。

だがダイダは違った、葛藤があったとはいえ、自分が実力をつけて強くなることを選んだ。

なかなかこの決断は男気あふれる人物だったね、これは耳が聞こえないけれど、ダイダと比較しても弱いけれどそれでもなお強くなりたいと願うボッジにも重なる部分だぞ。

そしていまやすっかりダイダのように自分の力で強くなり何かのランキングを上げることを選ぶことすらせずに安易なチート頼りで一発逆転狙いの頭になってしまったのが日本人の習性になってるのかなーと悲しさを感じてしまった。

とはいえ、異母兄弟でありながらもダイダとボッジの意思は共通だったのがいいね。

ダイダあそこまで鏡から執拗にお前のためだから飲め飲めなんて迫られながらもよく薬を飲まない意思を貫いたよな。

お前のためなんて言って飲ませようとする鏡の狡猾さにもやはりダイダをうまく使いたいって思惑があるんだろうな。

ホクロもドーマスがボッジをやったことではなく、自分がボッジを守れなかったことに対するケジメでドーマスに剣を向けてきた、ここもやはり兵士になるにあたり、騎士道を叩き込まれたであろう男らしくて見せ方がうまいよ。

ドーマスも自分のやり方は間違っていないと剣を向けてきたホクロを返り討ちにして、ホクロの力不足で中途半端に切り落とされた右腕を自分で切り落としてダイダに忠誠を誓おうとする姿勢が見えたけれど一連の動きの影でなにか戦略をもってるんだろうな、と裏を考えるとなかなか楽しくなってきた。

安易な勧善懲悪のストーリーにしてこなかったのが好印象だった。

次回の感想記事

王様ランキング6話感想:ボッジはイケおじのデスパーに会いに行くことに
王様ランキング第6話「冥府の王」感想前回の感想記事第6話感想アピスてめえ、べビンに致命傷を負わせた上なにダイダに秘薬を飲ませやがったんだ。ミランジョがかつての弱い自分の性格を変えてく...

コメント

タイトルとURLをコピーしました