王様ランキング17話感想:一気にボッジに国の未来が背負わされた

2022年冬アニメ



王様ランキング第17話「不死の呪い」感想


前回の感想記事

王様ランキング16話感想:ボッジとギガンはむごく悲しい過去持ちだった
王様ランキング第16話「王の威厳」感想前回の感想記事第16話感想ドーマスとホクロってミランジョのこと知らないのか、確かボッジの旅に同行してからダイダの部屋にあったミランジョが王宮内に出てくる...

第17話感想

オウケンが冥府の罪人となった理由とボッジの最終目的が開示されたエピソード。

巨人族は毒が効かないってな設定がなんとこのタイミングで本領発揮してた、デスパーとの修行中、食事をしてるときにボッジだけひとり無事だったって描写が活きるときがついにあらわれていた。

今回は男が涙を流して泣きわめくシーンが目立ったね、アピス、ゾック、オウケンと全く違うタイミングで合計3人くらい泣いてる人物いたからね。

3人中2人がいまや冥府の罪人になっている人物であり、その2人のうち1人はボッジを騙すために意図的にやっているってのがまたおもしろいところなんだけどね。

なるほど、オウケンが不老不死になった理由は父であり国王でもあったサトゥンの能力を突然変異的に受け継いだからだったのか、ここで闇落ちして罪人に落ちぶれるあたりに一人の人間味を感じたけどな。

その一方でボッジにも最終目的が明示された、その目的とはこの対立を終わらせるためにボッスとミランジョを打倒すること、いや、ミランジョの夢が叶うのであれば必ずしも打倒する必要はないか。

とにかくどんな形であれ最終的にミランジョがボッスとまた再び二人で旅に出ることができればそれで解決って話になるんだから。

となると目指すのはやはりボッジが王になることになるだろう、そもそもなぜにこんな対立が起きているのかというとボッスの遺言通りにボッジが王になっていないからでありボッジが王になれば万事解決する可能性が高いのだ。

それにボッジの性格ならばボッスやミランジョを倒す選択はせず、国王の座っちゅう縛りから二人を解放してさしあげるだろうと踏んでいる。

ここにきてボッジは周囲からいろいろと情報が明かされるかたちでこの国の未来のほぼすべてを一身に背負うことになったが、ミランジョに忠誠を誓っているアピスに自分と戦うことをを諦めさせてオウケンが不死身であるとわかりながらもレイピアを持ち単身で立ち向かっていく姿に強さとその先にある有望な未来を感じたね。

むしろ不老不死の力を持ったもんだからもしどこかで戦いに負けても死ねないオウケンのほうが不憫でならないなこれ。

ボッジのことなのでやはり必ず倒さずとも解決させる手段があるって感じなんかしらね。

次回の感想記事

がんばれ同期ちゃん6話感想:恥ずかしい写真をぬこに送られちゃった同期ちゃん
がんばれ同期ちゃん第6話「恥ずかしい写真を送られてしまった会社の同期」感想前回の感想記事第6話感想同期ちゃん、恥ずかしい画像をぬこにより勝手に送られてしまうの巻。1話で出張のときにホ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました