王様ランキング20話感想:ボッジVSボッスの最終決戦!?

2022年冬アニメ



王様ランキング第20話「“不死身” 対 ”無敵”」感想


前回の感想記事

王様ランキング19話感想:最後の砦は四天王、オウケン強すぎィ!
王様ランキング第19話「最後の砦」感想前回の感想記事第19話感想前半はミランジョが母親の呼びかけで三途の川を越えて冥界に行こうとしているカゲの命を救う展開。しかしギャクザ国は本当にな...

第20話感想

いろいろと頭がこんがらがってきたのでおさらいをしないといけんな。

なんだか毎回おさらいしようとしている気がする。

ボッス→若かりし頃、強さを求め神々と戦う手法を見つけようとホウマ王国にて修練の最中、ミランジョの父の命を奪うもミランジョの母親に助けられた、その時の恩がきっかけでボッスはしばらくホウマ王国にとどまり彼女たちを見守ることに。

だが不在の間にミランジョの母親がギャクザ王国の民衆に殺されミランジョも処刑されそうになったところをあらためて保護。

二人で旅をするなかで強さを求めていたボッスはシーナと結婚、ミランジョにより世界一の強さになるべく魔神と契約して自身の寿命と生まれてくる子を非力にすることを代償に強さを得た。

その後はボッジをもうけ、魔神との契約の代償で非力なボッジのために安住の地を作るべく王国を築き統治、ミランジョによる暗殺でのシーナの死後、これまたミランジョがどこからか探してきたヒリングを妻に迎え入れダイダをもうけたが病が進行し次期国王にボッジを指名して息を引き取った。

ミランジョ→ギャクザ王国を発展させてきた母親を恩を仇で返されて殺され、自身も魔女狩りに遭い命を落とされそうになったところをボッスに助けられ以後ともに行動するようになる。

(とともにボッス以外の人間には心を開かなくなる)

そのなかでボッスの願いであった世界一の強さを得るために魔人と契約、その後ボッスがシーナと建国したためボッスと歩みたいミランジョはボッジをもうけたシーナを暗殺。

そしてどこかから見つけてきたヒリングを妻に迎えさせダイダをもうけるとボッスの死後、魂をダイダの肉体を使って復活させてヒリングを殺害しようとしたり(その肉体とするためにダイダをてなずけて扱いやすくさせている)冥府の罪人や魔獣を使ったりして国そのものを滅ぼすことにした。

ちなみにミランジョにとって魔神との契約はどうも「裏切り行為」になるらしい、魂を鏡に移した契約は二度目ってことは、一度目は多くの代償と引き換えにボッスに強さを与えたあの契約ってことになるのかな。

そうだ色々と忘れてはいけないものがあった、それはシーナ暗殺もヒリングを見つけてきたのもボッスとヒリングとの子であるダイダを手なずけたのもすべてミランジョってことだよ、そしてそれら全ての行動はボッスと共に歩みたいとするミランジョの野望によるものってことだ。

「人の幸せの上に自分の幸せを築きなさい」母からの教えの通りに自分は行動したつもりがすべて人を不幸にする結末ばかりを生んでいる、というか彼女はずっとボッスにしか向いてなくてまずはボッスを幸福にすることしか考えていない、その過程において周りの人々が戦ったり死んだり町が戦いに巻き込まれて町人や兵士が戦死していったりと次々と不幸にさせてしまっている、それを三途の川でミランジョの母親に改めて指摘されてしまったからミランジョは気持ちが揺れ動きもはやどうしていいかわからなくなってしまった。

それを理解しないといけなかった。

ミランジョが死ねない理由のひとつはボッスがひとっつも幸せになっていないってのもあるしな。

そして魔神は裏切りと言っていたってことはそもそもミランジョは魔神と契約しない密約を交わしているってことにもなる、魔神をも不幸にさせているのね。

唯一救われたとしたらミランジョに殺されたシーナはもうミランジョのことを憎んでいないってところなんかしらね。

強い女は心も強かった。

一方でボッジはボッスとの最終決戦になるのかなこれ、これも忘れちゃいけないのはボッスはあのときミランジョによる自身の妻であるはずのヒリングの暗殺を認めてる点。

つまりはボッスは現状ボッジたちの敵になるのかな、ボッジはそのことは全く知らず、なぜならそのときずっとドーマスたちと旅をしている真っ最中だったから。

そのわりにボッスは四天王やボッジら倒れていた人間全員の傷を体力を使ってまで回復させていたんだけど彼の思考はFF4の漢、ルビカンテと同じなんだと思われる。

でもボッスは次期国王に非力なはずのボッジを指名してるんだよな、現状その判断をした明確な理由は描かれてはいないが、そこはこれから語られることになるだろう。

しかしまあ、不死身の男との戦いが終わったと思ったら今度は無敵の男との戦いかよ、不死身と無敵ってどう違うのか教えてほしいよ、結局ボッジたちは戦う相手が変わっただけの振り出しに戻された感が強いな。

でも不死身だというオウケンを封じ込めるにはより強いやつを登場させて封じ込める、その手しかないのも確かなんだよな。

封じ込め方ァ!って話になったけどね。

現状単純な腕力だけならボッスのほうが圧倒的に強いから彼しかこの窮地を救うことはできないしな、その分世界一強くなれなかった世界一の男との戦いってことでもっと攻略難易度が高くなってしまったってことにもなるけどな。

強さがますますインフレしていってしまう、オウケンでさえまともに戦えなかったボッジ&四天王どないなってまうねん!

次回の感想記事

王様ランキング21話感想:ボッジは次期国王としてボッスとミランジョを昇魂させていく
王様ランキング第21話「王の剣」感想前回の感想記事第21話感想このエピソードで久方ぶりに王様ランキングをつける審査員みたいな人物が登場してきたが、そもそもランキング要素がまるでない作品だった...

コメント

タイトルとURLをコピーしました