オーバーロードⅣ5話感想:こんどのアインズはルーン技術を求めてドワーフの国へ

2022年夏アニメ



オーバーロードⅣ第5話「ドワーフの国を求めて」感想


前回の感想記事

オーバーロードⅣ4話感想:アインズVS武王、先週の答え合わせ
オーバーロードⅣ第4話「謀略の統治者」感想前回の感想記事第4話感想前回のラストになぜ帝国の闘技場にて皇帝が法国との鼎談中にアインズがあらわれて武王と戦うのか、その答え合わせ。第1話に...

第5話感想

久方ぶりに登場のデミウルゴス。

アインズ、前回は帝国に赴き武王と戦ってなぜか帝国が属国になったかと思いきやこんどはドワーフの国へ。

話飛んだ?ってくらい2つのイベントにつながりが見いだせないがその間にアインズの周辺に何があった。

アルベドもいつのまにやら来訪先から戻ってきているしな。

だがこれでもアインズが魔導国を建国してからわずか数日のできごとなんだろ?

どんなに突発的なことをして話の前後関係がはてなマークでもアインズ様なら、アインズ様ならきっとお考えがあってやってることなんでしょうって周りが勝手に深読みしてくれているあたり役得だよな。

これはアインズがジルクリフがなぜに魔導国の属国になるのか宣言したのかを深読みしているのと同じ、ただしジルクリフは役得ではない。

デミウルゴスですら一ヶ月はかかる仕事をアインズはなんと三日で終わらせてしまうという、そこまでアインズは有能であると奉るか。

で、シャルティアやアウラ、コキュートスを引き連れ、ゼンベルの案内でドワーフの都市に赴いたがすでにみなほかの都市に移住したから廃墟になっていてただひとり鉱脈にいたゴンドかは話を聞きルーン技術を伝授してもらう一方で大量の亜人種の群れに襲われてしまい対処する流れに。

その亜人種の群れこそ、ドワーフが都市をまるごとひとつ放棄する理由でもあった。

ってことでどうやら放棄されたドワーフの街は採掘された資源でルーン技術を用いた武具を生産していたかなんかで経済が成り立っていた都市だけど、亜人族の来襲で街を放棄したからルーン技術も途絶えてしまっているってのが現状みたいね。

ってことでルーン技術を再興させるところから始まるって感じかな。

その間の魔導国のことはアルベドとデミウルゴスに任せられるっていうんだからやはり完全にアインズは彼らを信頼をしていることがお分かりになるだろう。

なにせ突然魔導国の属国になります宣言をした帝国のことも任せているっていうんだから。

次回の感想記事

オーバーロードⅣ6話感想:アインズはドワーフの王都奪還と自国でのルーン技術の再建を持ちかける
オーバーロードⅣ第6話「迫りくる危機」感想前回の感想記事第6話感想ルーン武器を求めてゼンベルの先導でドワーフの国に行ったアインズおよびシャルティアご一行であったが、唯一見つけた都市フェオ・ラ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました