オーバーロードⅣ6話感想:アインズはドワーフの王都奪還と自国でのルーン技術の再建を持ちかける

2022年夏アニメ



オーバーロードⅣ第6話「迫りくる危機」感想


前回の感想記事

オーバーロードⅣ5話感想:こんどのアインズはルーン技術を求めてドワーフの国へ
オーバーロードⅣ第5話「ドワーフの国を求めて」感想前回の感想記事第5話感想久方ぶりに登場のデミウルゴス。アインズ、前回は帝国に赴き武王と戦ってなぜか帝国が属国になったかと思いきやこん...

第6話感想

ルーン武器を求めてゼンベルの先導でドワーフの国に行ったアインズおよびシャルティアご一行であったが、唯一見つけた都市フェオ・ライゾは亜人の一族、クアゴアにより3年前には放棄されルーン武器の技術も廃れていた。

一行は街を襲うクアゴアを拘束して操り目的を聞き出したアインズたちはドワーフらの移住先である都市、フェオ・ジュラに駆けつけデスナイトを召喚して本隊であるクアゴアたちに反撃、彼らは撤退していった。

さっそくドワーフたちは会談を開くとアインズは王都奪還とルーン武器の技術を復興させるべく工廠の魔道国へのを持ちかけた。

アインズのドワーフへの名プレゼンとクアゴアの強さの勘違い。

デスナイトは本当はクアゴアにより橋を落とされた時に一緒になって落ちていっただけなのにクアゴアにより倒されたと思い込んだことで彼らは実際の強さよりもより強い存在であると勘違いする、なんとも実直なアインズらしい勘違いの仕方だった。

つまりはアインズはクアゴアを実際よりもより強い存在であるとして対策をするので、王都を占拠してるヤツらといざ戦ったならば想像よりも弱かった事実に驚愕することになるだろうか。

肝心のドワーフらを前にしたプレゼンもうまくいってアインズは大満足していたけれど、サラリーマンならわかるだろう、顧客、あるいは社内でのプレゼンがうまくいったときの達成感は。

王都奪還と引き換えに魔導国内でのルーン技術の再建&交易を結ぶなる交渉もこれまた地に足がついているアインズらしい現実的で実務的な内容に感じた。

まあドワーフもドワーフであいつは骨だから怪しい、うまいこと言って俺たちを奴隷にするはずだってこれまたはなから信用することなく疑っていたのに加え、あの見た目ならあいつは俺たちと酒飲めないだろっておもしろい勘違いしてたけどな。

あ、ドワーフにとっては酒飲めるか飲めないかってのも大事なことなんだ、なんとも酒好きの人たちの考えでクスッときた。

とはいえうまい話ほどなにか裏があると常に疑うことは大切なことだと思うけどね。

日本人、どうもえらい人が言うことは絶対に正しいだろうと疑いの目を持たない致命的な弱点を抱えているからな…

常に疑っている人が何年も前から見えている未来が実際に起きてからああしろこうしろ文句言ってるんだもんキリないよ。

次回の感想記事

オーバーロードⅣ7話感想:戦いはオマケだけどアインズは力でクアゴアもフロストドラゴンも屈服させていく
オーバーロードⅣ第7話「霜の竜王」感想前回の感想記事第7話感想クアゴアに襲われたドワーフたちが放棄したかつての王都、フェオ・ベルカナを奪還すべくアインズたちが動き出す。クアゴアの氏族...

コメント

タイトルとURLをコピーしました