パリピ孔明11話感想:ゲリラライブにはゲリラライブを

2022年春アニメ



パリピ孔明第11話「草船借箭」感想


前回の感想記事

パリピ孔明10話感想:英子の歌をAメロしか聞かせてくれないスタイル
パリピ孔明第10話「DREAMER」感想前回の感想記事第10話感想英子とスティーブ・キドの勝負はいつの間にか英子が勝ったらしいが・・・だから!英子の!...

第11話感想

しかしまあ孔明も草船借箭の計を用いて相当大胆な作戦を考えたもんだなこれ。

ライバルが豊富な資金力に物を言わせた知名度を使った「金、金、金!音楽プロデューサーとして恥ずかしくないのか!」って言わんばかりのゲリラライブで注目を集めようというのなら、こちらもそのゲリラライブに乗っかって集まった大勢の観衆の前で英子の新曲を披露して10万いいねを集めようってか。

ただしそれだけではすんなり10万いいねを稼げるわけじゃないからもう一つ合わせ技的な別な作戦にも出ている。

その作戦は対象の仲を引き裂く離間の計ってやつで、ラップバトルがどう考えても消化試合気味だったKABE太人を使いAZALIAはおろかプロデューサーの唐澤までも煽り倒すことにしたっていうんだもの。

そしてこの作戦には新曲引っ提げてきた英子を注目させるだけでなくもうひとつ目的があることに気づくだろう、それはストリートライブ中に七海が話してくれたこと。

つまりは唐沢によりバンドをさせてもらえず露出度の高い衣装でダンスパフォーマンスを行うアイドルのような不本意な活動をさせられているAZALIAの本音をこの場で引きだすことである。

そのためにKABE太人はAZALIAを煽り倒したというのだ。

すでにAZALIAがこのあとにバンドスタイルで歌う伏線は張られている、なぜかトラックには誰が用意したのか七海たちが熱望したのかわからんがドラムセットやギター、あとはベースかな、それら楽器がチューニングをされた状態で運ばれてるうえ、唐澤も楽器の輸送を認めているからな。

今回は中途半端なところで終わってしまったが次回とペアで見るべきエピソードと言えるだろう。

しかしここまで渋谷駅前の交通を止めておいて渋谷の警察がまったく出てこないってどういうことなのよ。

実はこれも孔明により警察から道路使用許可を得ているとか…??

いやいや、この規模のライブで警察から使用許可降りるのか??絶対に無理だろうよ。

よってこのゲリラライブは本当にゲリラライブであると言っていいだろう。

次回の感想記事

パリピ孔明12話感想:ついに10万いいね達成、AZALIAは顔出しバンド活動再開
パリピ孔明第12話「英子の歌」感想前回の感想記事第12話感想しかし人通りと交通量が多い渋谷のスクランブル交差点で本当によくあの長丁場のゲリラライブができたなってそこばかり気になる、あまりにも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました