ピーター・グリルと賢者の時間Super Extra8話感想:ピーターグリルがエレクチョンできるようになったぞ!



ピーター・グリルと賢者の時間Super Extra第8話「ピーター・グリルと姉妹の確執」感想


前回の感想記事

ピーター・グリルと賢者の時間Super Extra7話感想:みんな、少しくらいは男をオオカミにさせておくれよ…
ピーター・グリルと賢者の時間Super Extra第7話「ピーター・グリルと堕ちた名家」感想前回の感想記事第7話感想ピーターグリルがスパンリゾートから連れ去られた場所、それはエルフの里にある...

第8話感想

フルタリアの幻惑禁術によりピーターグリルはエレクチョンするようになったが当然目の前にいるのはフルタリアなので襲われそうになるととっさの判断で神速にエレクチョン状態を一瞬で平常へと戻した、するとフルタリアの背後に姉のビーガンが駆けつけるやピーターグリルを引き離し、森の大木にて禁術解除と引き換えに求めるも実際はビーガンでは解除できずピーターグリルはただ吸い取られただけだった。

ピーターグリルはビーガンに姉妹の確執について聞いてみたところ実はフルタリアの身を案じていたことがわかり和解を勧めることにしたが当のビーガンは頭を下げて謝罪しようとしたがふざけた顔をしていたためにフルタリアを逆上させてしまいますます関係をこじらせてしまった。

姉妹ゲンカが家を凋落させる、姉として良かれと思ってやったプリン生成が逆に身を滅ぼす、3年前のミネストローネインザプリン事件を起こした理由があまりにも馬鹿馬鹿しくてくだらなくて笑えないんだけど笑える。

とはいえビーガンがピーターグリルとの子を身籠ることに執着していたのは妹の身を案じていたから、なあたり100パー柄の悪い人物ではないのも確かなんだよな、姉のプライド、威厳、それは名家っちゅう家柄がそうさせているってのがあるんだけどそれがきわめて強いから素直になれないんだろうけどね。

ところで…エレクチョンを一瞬で鎮められるピーターグリルの妙技をぜひ教えてほしいんだが、みこすり半劇場(今もあるのか?コミック誌の名前)もびっくりの早業らしいんだけど、こっちゃ変なときに不意にエレクチョンしやがるしこすれないから鎮めるのに一苦労するんだわ。

ピーターグリルの男性機能を回復する手段がルヴェリアってあたり誘惑にさえ負けなければ婚約者一筋になれる色男なのがよくわかるわ、そう、目の前の誘惑、快楽にさえ負けなければな。

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました