プラチナエンド1話感想:悪魔のような天使の笑顔この街にあふれているよ

2021年秋アニメ



プラチナエンド第1話「天使の贈り物」感想


アニメ公式サイト

TVアニメ「プラチナエンド」公式サイト
TBS・BS11ほかにて好評放送中。Amazon Prime Videoほかにて好評配信中。TVアニメ「プラチナエンド」公式サイト。

第1話感想

記事タイトルの元ネタが分かる人は30中盤以降の方。

明日の親類は絵に描いたようなDQNだったな、明らかに明日の家族の保険金と資産を使ってろくに仕事してないだろうし、明日を養子として引き取ったのもさらなる金目当てであることにたいそう納得いくぞ。

しかし、保険金目当てとは言え事故に見せかけて車に爆弾取り付けて自宅の駐車場で爆破させるってそれ事故に見せかけられてないんじゃないの、明らかに保険会社も事故死したと認定はできない、テロ行為としか思えないよ。

っていうのも、加害者がDQNだからそこまで深く考えられていないってことでなんとなく説明がつくんだよね。

天使が見た目は愛くるしいし声優に小倉唯を起用さえしているのに天使らしい発言をほとんどしないと思ったらこの作品、デスノートの原作者の作品なのか。

天使が悪魔みたいな発言するかよ!と思うかもしれないが、人間の尺度で物事を考えてはいけない。

天使にも天使の常識があり、それは人間とは大きく異なるものなのだから。

それでも金品を奪い、人の心を意図的に操り、あるいは邪魔なものを排除すればあなたも幸せになれるってこれ明らかに極論だし犯罪教唆だろと思わずにはいられないけどな。

本来あなたがもらうはずだった資産を取り返す機会だ、みたいな感じで言ってるけれども。

思考のレベルが明日の親類のDQNといっしょ。

そんな手段で本当に明日は幸せを実感できるのか、これをこれからのストーリーで考えていくことになるのかしらね。

しかし、普通の家庭を築いている架橋家の母方の姉妹にDQNを突き詰めた人間がいるってこれどんな家系になってるのかそっちが知りたいよ。

まあこの後のストーリーは自分の他にも12人いる神候補を出し抜き自分が神に上り詰めるっちゅうバトルロイヤルものになることが確定したけどな。

しかしこれなんだ、実は明日くん、死にたいって気持ちにつけこんだ天使のようで天使でない、そんな天使の策略にまんまと巻き込まれてやしませんかね。

天使と契約した時点で明日の望む「普通の幸せ」は訪れなくなっちゃったよ。

なぜならバトルロイヤルに参加させられることになってしまったから。

そもそもそんな「普通の幸せ」もお金の稼ぎ方が会社なる組織で価値を想像していくのではなく、個人単位で価値を作り出していくことにすっかり変わっちゃったから令和の世の中では普通の幸せじゃなくなったしね。

もしかすると逆に当作品の原作者が会社に勤めて毎月安定した給与として得る生き方とは真逆の、一発当てると莫大なお金がホクホクだけど当てるまでが超大変なマンガ家、あるいは作家、クリエーターとしての人生を長らく送ってるから普通の会社勤めをする人生にあこがれを持ってるのではないかと思ってしまったりもするけどね。

次回の感想記事

プラチナエンド2話感想:メトロポリマンも神候補、他者を挑発する狙いとは
プラチナエンド第2話「一生大事にします」感想前回の感想記事第2話感想ちょい役だけど名前がある人物役にいまいろんな意味で話題になっているあの女性声優の名前を確認。しかも売れないお笑い芸...

コメント

タイトルとURLをコピーしました